ちょい重ボドゲ会を開催しました(1/19)

遊んだ場所・イベント自己開催

先日1/19に、テーマ縛りのボドゲ会を開催しました。

テーマのものとタイムリーなものも

告知のページでも書いていますが、私のボドゲ会では、大体いつもテーマが決めています。それは、主催が遊びたいと思っているゲームを確実に動かすためです。今回のテーマは、迷った末にちょい重(ちょっと重め)なゲーム、としました。具体的には「プレイ時間の公称が45分~60分」のものです。

だからメインとしてご用意するのはこの公称時間にあてはまるものでした。でも、主催がどうしてもお勧めしたいもの、リクエストのあったもの、タイムリーなものも手持ちにもはあったので、主催特権を発動して例外も持ち込みました(笑)結果、こうなりました。

一部写ってませんが^^;ちょい重じゃないものが結構あるのはご愛敬(笑)。あ、ポップの言葉は、物を並べる時にてきとーに(ヴィ〇バン風に)書きました(笑)このほか、参加者さんの持ち込み品などもあり、遊ばれたゲームは

こんな感じになりました。この中で、自分が卓に入ったものをご紹介します~。

スポンサーリンク

遊んだゲーム

ベルラッティ


参加者さんの持ち込みで、全員揃うまでの間やりましょうってことで立ちました。私自身気になっていたものの一つですね。昨年のエッセンシュピールにて、スカウトアクション1位タイになったゲームです。

偽物の絵に騙されずに本物の絵を見抜く協力ゲームです。プレーヤーは、画商と画家に分かれてプレイします。プレーヤーにはあらかじめ手札としてカードが配られています(枚数がプレイ人数によって異なります)場にはお題の絵が2枚公開されています。それを見たうえで画商内で相談して、発注枚数を決めます。画商が発注枚数を決めてオーダーしたら、今度は画家内で相談して、発注枚数に対しお題に合うカードを何枚手札からカードを出すかを決めます。決めたら伏せて出し、偽物の絵4枚と混ぜてシャッフルします。その後公開して、画商側が正解(画家側が出したカード)がどれかを推理します。回答を決めたら、答え合わせをし、正解だったら得点で、偽物の絵を選んでいたら失点です。正解1枚につき1点で、15点取れればプレーヤーの勝ちです。ただしそれまでに、-6点になったら(偽物を合計6枚選んでしまったら)プレーヤーの負けです。

個人的には、他の色んな多人数ゲームや協力ゲームの要素がちょっとずつ入ってる感じだなぁっていう印象でした。適当なカンケイやフェイスカードっぽい雰囲気があるなぁ、と。気軽にノリよくワイワイ楽しむにはいいと思います。けど、クリアできるかどうかは、ベルラッティの仕事ぶり次第ですね(笑)あ、タイトルにもなっている「ベルラッティ」は偽物の絵を描く画家キャラの名前です。今回は、ベルラッティがめちゃくちゃいい仕事したので、ものの見事に阻まれましたよ、えぇ。

セイロン(CEYLON)


エッセンで買ってきたゲームの一つですね。農場作って紅茶作って輸出するゲームです。ルール詳細はこちら

ようやく遊べました♪いやぁ、これは忙しいけど楽しい♪「忙しい」というのは、手番外でも出番と同等のアクションをするので、休んでる暇がない(笑)でも、見方を変えれば、待ち時間がほぼないということにもなるので、終始飽きずにプレイできます。カードの引き運にも多少は左右されますが、他の人の状況も気にしつつカードをどっち向きで置いてどうアクションをとろうかと、色々戦略を練るのがとても楽しかったです。得点トラックが一部見切れてますが、確か3位(赤)だった気がする。いやぁ、序盤の動きでちょっと遅れた感じはあったから、今回の個人的な反省点はそこかなぁ。またやりたい(*´▽`*)

The River


川一帯の農地を開拓していこうというゲームです。手番では自分のワーカーを一つ、ボード上のどこかのアクションスペースに置きます。そしてそのアクションを処理します。選べるアクションとしては、地形タイルの獲得や施設の建設、施設カードの確保、各種資源の生産、配置済みのタイルの入れ替え、スタートプレーヤーの獲得があります。全員がワーカーを置き終わったらラウンド終了で、ワーカーの回収や次のラウンドの準備をします。誰かがボーナストークンと呼ばれるトークンを5つ取ったらそのラウンドでゲーム終了です。得点計算を行い、一番高かった人が勝ちです。

システム的にはゆるめのワーカープレイスメントにタイル配置を足した感じ。獲得した地形タイルを個人ボードに配置するのですが、川の流れに沿った順にしか置いていくことができません。その制約の中で、各列上2枚(もしくは3枚)が同じ種類の地形なら点数を獲得できます。また、タイルには倉庫や生産可能な資源のシンボルも書かれているので、何を優先してタイルを選ぶかも重要になってきます。でも点数効率がいいのは、施設の建設のほうかなぁとも感じました。(施設は持っている資源をコストとして払えば建設できます)ただ今回、ルールの解釈を一部間違ってプレイしていた可能性が高いので、その点がとても心残りですね。負けたことよりもそっちが心残り。リサーチ不足と疑似プレイを2人でやったのが原因ですね(3人でやってたら気づけたかもしれないのに)またちゃんと調べておきます。

遥かなる喜望峰 -航海の時代-


各地の港を回って収入を得ながら点数を稼ぐゲームです。手番では、1. 自分の船を移動 → 2. 着いた港で収入(効果)を得る → 3. 任意でその港に投資をする、の順に実行します。移動に関しては、2マス分までは無料でできますが、それ以上はコストがかかります。また、通過する港や到着した港に他の船がいた場合はそのプレーヤーにコストを支払う必要があります。投資を行うことで、次にその港に来た際の収入や効果が良くなります。得点源は2種類のみで、ゲーム中に得た得点チップと、各港の投資した数のマジョリティによって点数を獲得します(投資した数が1位だった人は3点、2位だった人は2点、といった形ですね)

一番の特徴は、船が進む方向にあります。行ったり来たりということができず、一定の方向にしか進めません。例えば時計回りと決めたら時計回りにしか進めません。進行方向を変えたい場合は、一度中央の母港に戻る必要があります。また、かなりの高確率で他の船に遭遇するので、移動距離は無料分でも人に払う必要があったりして、それも考慮して動く必要があります。

7つの港を5人でやると、前述の理由からコストがかつかつですね(笑)前に他で遊んだときは、到着した港に人がいたらその人に払う、という風にやってた気がしますが(うろ覚え)まさか通過の際にも払うとは。取説見てびっくりしました。資源とお金の売買ができる港にがっつり投資することでお金回りをよくしたつもりでしたが、他の人が資源1セットを勝利点にする港でがっつり点数を稼ぎ、結局その人がトップでした。いやぁまずいなーとは思ってたんですが、やられたなぁ。くやしい。

今回は、取説にある「初プレイのおすすめの組み合わせと並び位置」で遊びましたが、他の港も気になりますね。次遊ぶときはちょっと変えてみたいな。追加ルールもたくさん含まれてるので、色々な遊び方をしてみたいですね。

スカラビア(Scarabya)


これもエッセンで買ってきたゲームの一つですね。スカラベを発掘するタイル配置ゲームです。ルール詳細はこちら。

残り時間を考えて軽いものをまわすことに。そこで、私の中で軽量級ナンバーワンのこちらを立てることになりました。4人ともすごく優秀でかなり高得点の戦いになりました。4人とも45~50点くらいになったんですよ。おかげで得点チップがたりなくて、テンデイズさんのチップを代用しました^^;;本当にシンプルで簡単なのに、とても面白いゲームだと思っています。1ゲームインスト含めて30分で終わるから。ほんとに。

もっとホイップを


余った時間でもう1ゲーム、それがこちらです。ケーキを切り分けるゲームです。あらかじめよくシャッフルしたタイルを裏向きで11枚ずつの山にしておきます。親はそのうち1山をとって、順番を変えることなく公開して並べていきます。並べたら、人数と同じ数に切り分けます。その後、子がどのかたまりを引き取るかを決め、また、それを「食べる」か「とっておく」かも、引き取る際に決めます。食べる場合は裏向きに、とっておく場合は表向きのまま自分の前に置きます。食べた(裏向きにした)ものはホイップの数が点数になり、とっておいた(表向きでおいた)ものは、種類ごとにマジョリティを見て、一番多い枚数の人だけ点数を獲得します。(例:桃のケーキをAさんが2枚、Bさんが1枚とっておいた場合、Aさんにだけ点数が入ります)最終的に、点数が一番高かった人が勝ちです。

前に一度他のところで遊んで、どんなゲームか知ったうえで、見た目がおいしそうだったので買いました(笑)いや、見た目は重要ですよね、ほんとに。ただこれ、ほんと悩ましいですね。切り分け役は。自分が想定してるものが残る保証もないので、毎回ドキドキします。想定してるものが残るように切り分ければいいんですけど、そうそううまくケーキが並んでくれないから、苦しいんですよねー。「もっとホイップを」に失点のルールが増えたのが、ニューヨークスライスらしいですね。私はそちらは未プレイなんですが、人によってはその追加されたルールが微妙だからこちらのホイップのほうが好き、という声もあるようです。あ、私はピザよりケーキのほうが好みです(`・ω・´)

今回はご新規さんもいればリピーターさんもいらしてくださって、計8人(自分含む)の参加となりました。主催の喉鼻の調子が終始悪く(;´Д`)、お聞き苦しい声で大変申し訳なかったです。改めて、ご参加いただきまして、ありがとうございました!!色々遊べて楽しかったです!!次は体調をもっと万全にして臨みます!!!

Posted by 嶺美(れみ)