エッセンシュピール2018旅行記~7:旅行最終日、帰国へ(10/28、29)~

遊んだ場所・イベントエッセン旅行記

エッセン旅行記も、とうとう最終日です。

デュッセルドルフ空港内でのんびり

この日は旅行日程最終日。シュピールの会期がこの日までだということは知っていましたが、元々期間中ずっと行くつもりはなかったこと、飛行機に乗り遅れたくないという理由から、チェックアウト後はデュッセルドルフ空港へ直行です。

来た時は乗り換えに散々苦労しましたが、そこで一度経験しているので、同じルートをたどってEssen-Altenessen駅へ。ここまでは来るときよりもスムーズに行ったぞ。あともうちょっと。が、今度はここからが苦しかった。DB navigatorで調べてはいたのですが、勘違いして本来乗ってもよい列車を見送ってしまって、自ら電車を1本遅らせることに。乗り間違えて変な方向に行ったり、違う駅に降りるよりははるかにマシだから、そこまで大きなミスではありません。が、手痛かったのは、めちゃくちゃ寒かった!!!

この旅行の中でこの日のこの時が、一番寒く感じました(;´Д`)帰国時のことを考えて薄くしたこともありますが、寒さに弱い私は、30分近くこの気温をこのまま耐えられる自信はなかったです。すでにここまでの移動の中で、スーツケースから手袋とカイロを急きょ出していました。ですがそれではもたないの判断し電車を待っている間に、カーディガンをセーターに変え、ボトムを重ね履きするという暴挙に出ました。履けるゆとりのあるもの持っててよかったよ。

寒さに耐えてようやく乗車。人を避けてドア付近に立っていたら、電光掲示板が見えない状態になりましたが、他にもスーツケースを持っている人がいたこととかろうじて聞き取れたアナウンスで判断して無事空港駅で下車。スカイトレインを経由してターミナルに到着です。

さてここからが、問題です。実は詳しく決めていませんでした。平たく言えばノープラン状態。とりあえず荷物を少しでも早く預けたかった。でも目に見える範囲でANAのカウンターが見当たりません。調べてみたらカウンターが開くのは、出発時刻の3時間前だと判明。オンラインで搭乗手続き(チェックイン)をしても、預け入れる手荷物がある場合は、手荷物カウンター(=ANAのカウンター)に行く必要があります。出発は20時なので、え、17時にならないと開かないってこと??まぁそりゃそうかぁ・・・。でもそうなると、それまでこの大きな荷物を抱えて動くのはあまりにもツライ。ANAのカウンターで預ける前に一時的に空港内で預けられる場所を探すことに。

空港内のフロアマップを見てみるものの

うーん、ちょっとわかんない・・なさそう??ただ、空港の公式サイトにはそれっぽいこと書いてあったような・・試しにインフォメーションで聞いてみることに。すると返ってきた答えが、

「1階下に降りて、Car Park3に行ってね」

かーぱーくすりー・・・・ってえ?駐車場???ほんとに??

いやインフォメーションのおじさまを疑ったわけじゃないんですが、自分の英語力に自信なくて、自分の意図が伝わらずに違うこと教えられたんじゃないか、みたいな気持ちで、不安を抱えながら向かってみることに。

すると、ありました!それっぽいところが!ただ、壁に書いてある案内が読み取れず、窓口のおばさまに受け取れる時間のことを苦労しながら聞いて、何とか預けることに成功しました!

この時点で時刻は12時を過ぎていました。もっと早く預けられていたら、一旦デュッセルドルフ中央駅まで出られたなー、しまったなーと思いつつも、やっぱり飛行機に乗り遅れることだけはいやなので、空港内でのんびり過ごすことにしました。まず手始めにショップ&レストランエリアを探索しながらお昼に何を食べるか決めることに。探索して特に気になったのが、こちら。

寿司バー!?ドイツの空港に寿司とは・・。味がとても気になる。けど、高そうだなぁ・・。

「WHSmith」という名前の本屋さんがいくつかあったんですが、どの店舗にも同じボドゲのラインナップがありました。さすが。

飲食店は結構あったんですが、どこにしようか迷った挙句に、ノルトゼーで。安いんですよね、他よりも。それがありがたい。

サーモンと卵のサンドをチョイス。サーモンの塩気をゆでたまごがちょうど中和してくれてとてもおいしかったです。そして驚いたことに紅茶がね。

注文時にティーパック(フレーバー)を選ばせてくれたんですが、どれも読めなくてよくわからなかったから、勘でこれにしたら、どうやらグリーンティーだった模様。見覚えのある色で知ってる味がしました(笑)

のんびりお昼を食べても時間がまだ時間に余裕がありました。なのでお次はここを目指すことに。


・・・・うん、読めない。

ただ、アイコンから察するに、おそらく展望デッキだよね?多分。ということで、行ってみました。


observationの意味がすぐに思い出せずに調べて(笑)確信(ちなみに、観察の意味でした)やっぱり展望デッキだ。

けど、これ、もしかして有料?マジか。まぁ、でもせっかく来たし。もう来ないかもしれないし。そこまで高くないから入るかー。ということで、入ることに。窓口で入場料を払うとこんな券を

受け取って入り口へ。するとさらに驚いたことに、セキュリティチェックを行っていました。荷物をカゴに入れて機械に通し、人がゲートをくぐるあれです。そんな厳しくチェックするのか。びっくり。そうしてようやくデッキへ。


最後の1枚は、飛行機ではないんですが^^;デュッセルドルフ空港を示すコード「DUS」がずいぶん近くて目に入る位置にあったので、思わずパシャリ。ひと通りぐるっと回った頃には寒くなってきてしまい、早々に退散しました(笑)

続いて今度は、スーパーマーケットへ。空港内にもスーパーがあるんですよね。結構便利かも。というのも、お土産を買うのに、スーパーで買ったほうがお値打ちで色々ある、と聞いていたからです。あと実は、メジャーなスーパーとして名前を聞いていた「REWE」(レーヴェ)にはまだ行けてなかったので、ちょうどよかったんです。

何がいいかなーとうろうろしていたら、こんなものを発見。

あれあれ?見覚えのあるものがあるぞ(笑)カップヌードルに関しては、地域によって味が異なると以前聞いたことがあったので、食べ比べをすべく購入しました。あ、でもまだできてないです・・。

一通り探索し終わって時間つぶしの方法がなくなってしまいましたが、そうはいっても出かけるだけの時間的余裕はあんまりないだろうと判断して、空港でおとなしくしてました。この時にブログの下書きを書いてました。この旅行記の序盤が毎日更新できていたのはそのためです(笑)

スポンサーリンク

いよいよ帰国へ

17時ごろに預けた荷物を取りに行き、その後ANAのカウンターへ行ってようやく手荷物を預けられました。が、2つ預けるつもりだったのに、うっかり1個を渡し忘れて、機内持ち込みに(;´Д`)いやね、カウンターの人から何か聞かれるかなって思ったの。手荷物1つですか?みたいな感じのことをさ。聞かれなくてタイミングうかがってるうちに終わらせられてしまいました。一緒に乗せればよかったんだろうか・・。

その後のセキュリティチェックでも出国審査でも、結構人が並んでいることにびっくりしました。セキュリティチェックにおいては、チェックが厳しいから結構時間がかかります。どのくらい厳しいかというと、かごに荷物を乗せて待ってたら、上着も脱いで乗せてと言われたし、ゲートを通った後、ボディチェックを受けました。私実はこの旅行期間中、出歩く時は、セーターの下にセキュリティポーチを首からかけてしまってたんですね。で、それをボディチェック受けて指摘されるまで忘れてて、セーターめくったらポーチの中もがっつりチェックされました( ;´Д`)びっくりしました。女性の検査官だったからまだよかったです。その点は気遣ってくれてるんでしょうかねー?

ドキドキのセキュリティチェックと出国審査を通過して、無事に搭乗ゲートへ。時間になるまで、ここでも下書きかツイッターかのどちらかをして過ごして(笑)いざ搭乗。来る時は平日でしたが、その日は日曜だったためか、結構混み合ってました。この日の1度目の機内食はこちら


鶏肉の甘辛ソースです。名前ほど辛く(しょっぱく)はなかったです。おいしかった♪お米がソースにかなり浸って柔らかくなってたのがちょっと残念ポイントでした(お米かたいほうが好きなので)

機内食を頂いた後は、寝るつもりだったんですが、どういうわけか全く寝付けず。照明は暗くなってるし、時刻的には夜だったので寝られると思ってたのですが、うとうと多少眠くはなってもそれ以上寝られる気配がなく。かと言って、無理やり寝ようとしてもツライ。こうなったらテレビを見まくって時間を潰そう!と決めて、コードブルーを1話から順に見て過ごしました。おかげで、5話くらいまではぶっ続けで見られましたよ(笑)でも正解でしたね。長時間フライトが全然苦にならなかったです。あっという間に2回目の機内食の時間になりました。

オムレツとポークソーセージ、ミニパンケーキ添えです。それまではメニューを見せてくれて希望を聞いてくれていたのですが、この時は、珍しく「●●(前述のメニュー名)をお勧めしています」と言われました。変だなぁとは思ったのですが、そのお勧めに乗っかる形で決めました。これを書くにあたって、公式サイトでメニューを確認したら、もう一方が焼うどんだったようで。・・・ははぁ。さては先に焼うどんがめっちゃ減ってこっちが余り気味になったのかな、きっと。

2回目の機内食後、しばらくして成田に到着。到着後、セントレアへの乗り継ぎまでに結構時間はあったのですが、国内線の乗り継ぎ用の出発ロビーって、小さな売店くらいしかないんですね^^;時間をつぶすすべがあまりなかったので、また下書きするかーとスマホ片手に文章考えてたら、うたた寝してました(;´Д`)日本に着いて気が緩んだのだと思います。結果、寝起きで肌寒く感じて喉の調子を悪くするっていう、オチまでつきました。あ、今はもう治ってますよ。

無事に乗り継いで、セントレアで忘れずにモバイルWi-Fiを返却し、ついでに残ったお金を両替して旅行終了!こうしてエッセン旅行は無事に幕を閉じたのでした。

日ごとの旅行記はここまでです。次回は、ラストとして全体の感想等を語って終わりたいと思います。

Posted by 嶺美(れみ)