friends(フレンズ)さんに行ってきました

遊んだ場所・イベントプレイスペース

先日、friends(フレンズ)さんに行ってきました。

札幌市内にあるボードゲームプレイスペース

今回ご紹介するのは、北の大地、北海道の札幌市内にあるボドゲプレイスペースです。
さっぽろテレビ塔
さっぽろテレビ塔からほど近く。札幌市営地下鉄東西線の「バスセンター前」駅から徒歩5分くらいの場所に位置しています。公式サイトのアクセス案内のページも参考にしつつ歩いていくと、このビルにたどり着きます。
ビル
この「和興ビル」の中にあります。(公式サイトはこの記事最下部にリンク貼ってあります)

階段を上って2階に行くと・・・
フレンズ看板
この看板が目印です。勇気を出してドアを開けると、まず目に入るのがこの店内。
フレンズ店内

フレンズ店内3
ラグマットにクッションやソファがある!床に座るスタイルなんですねー。椅子より床派の私はこれは嬉しい(*´▽`*)奥にはテーブル席もあり、土日など混みあった時は使用するけど、平日のスペースに余裕があるときは床に座るスペースのほうがメインだそうです。あんまり見かけないスタイルでは?いいなぁ。リラックス度が増しますよねー(個人的主観かもしれませんが)名古屋でもこういうところあるといいなぁ(ぼそっ)

ボドゲ棚は、箱絵がわかるようにディスプレイする形で置かれているのが印象的。特によく稼働するものをこうして陳列しているそうです。ちなみに。写真には写っていませんが。この棚の右側に自販機が置いてありました。カフェではなくプレイスペースで、飲食の提供をしていないかわりに、自販機を置いているそうです。部屋の中に自販機あってちょっとびっくりしました(笑)

フレンズ店内2
先の写真と反対側にある棚がこちら。これの奥がテーブル席になっています(写真だとちょっと暗くて見づらいですが、ホワイトボードもあります)仕切り代わりにボドゲ棚を置いているのか、なるほど。ん、でもこれ、よく見ると、シュリンクかかって値札ついてる?

Left Caption

スタッフさん

実は、販売も行っています。

よく見ると最近発売された新作だけではなく、今じゃなかなかお目にかかれないものも。レディースアンドジェントルマンって、放課後さいころ倶楽部では出てきたけど、店頭じゃまず見ないんだよね。そしてさらに、上段にちょっと変わった形のものを発見。
ピープマッツ
なにこれー!?なんか丸い!?卵っぽい形になってる!

Piepmatz(ピープマッツ)と読むそうですが、鳥モチーフのカードゲームだそうで、

Left Caption

スタッフさん

元々は小箱のカードゲームなんですけど、イースター版としてその形のケースで出ています。カードゲームとしても、BGGでは評価高いんですよ。

マジか、そんなん聞いたら欲しくなっちゃう・・・何よりこんな珍しい形のパッケージ、見た目重視な私にはどストライク。ということで購入しました(笑)

この他受付すぐそばには、
フレンズ委託品
委託品のアクセサリー類もありました。これも買おうかどうか迷ってしまった(今回は保留しました^^;)

今回伺った時は、お二人連れの方がいらしたので、その方々と相席をさせていただきました。予定の都合上、遊んだゲームは2つのみになりましたが、どちらもとても面白かったです。ということで、遊んだゲームのご紹介です。

スポンサーリンク

遊んだゲーム

Via Nebula(ヴィア ネビュラ)

ヴィア ネビュラ
霧を晴らして遺跡を建てて点数を稼ぐゲームです。手番が来たら6種のアクションのうち2アクション行います。アクションは、職人の配置、建設地の配置、霧マスの探索、化石の森の探索、自分の建設地に資源を1つ運ぶ、建物の建設の6つです。ただし、この6つのうち「化石の森の探索」のみ、2アクション分消費します。これを繰り返し、誰かが5つの建物を全て建てたら、残りの人が1回ずつ手番を行って終了です。点数計算を行い、一番点数が高かった人が勝ちです。

特徴的なのは資源の扱い方です。建物を建設するには資源が必要になりますが、自分の建設地まで資源を運ばなければいけません。資源を運ぶには、生産されたマスから建設地のあるマスまで草原でつながっている必要があります。また、資源は余るとマイナス点です。建設時にあまったものはもちろん、職人の配置で開拓した地に確保した資源も余るとマイナス点です。

職人を配置して開拓しても点数は獲得できるけど、資源が余ってしまうと点数は減るというリスクがある。でも建設するには資源が必要。さらに建設用地の位置と運ぶことも考えなきゃいけない。と、やりたいことが色々でしかもリスクも上手に回避しないといけない。その悩ましさがとても面白いゲームですね。今回初プレイのゲームでしたが、うまいこと立ち回れることができて、その結果がこちら。
ヴィア ネビュラ結果
25点だったかな。マイナス点ゼロでトップでした♪いやぁ、これは結構ツボなゲームですね。日本語版では「ネビュラ」というタイトルで、すでに出ています。かなりお値打ちなようですが、そっちは資源コマが木ゴマではなく紙チップらしい。むむむ。木ゴマがいいなぁ。でもちょっと欲しいかも。迷うなぁ。

Casa Grande(カーサ・グランデ)

カーサ・グランデ
より高い位置に建設を行いお金を稼ぐゲームです。手番が来たら、まずサイコロを振って出た目の数だけボード上の自分のコマを時計回りに進ませます。止まったマスと同じ列内か行内で、建設します。角のマスに止まった場合は、その時持っているポイントを払ってその分マスをさらに進むか、進まずに3ポイント獲得するかの、どちらかを選ぶことができます。建設後、フロアタイルを置くことができれば任意でそれも可能です。ただしフロアタイルを置くには条件を満たしていないといけません。条件は、フロアタイルに書かれてている白マスの位置には自分の建物コマがあること、それ以外のマス目には自分の建物コマがあってはいけないこと、他のフロアタイルと重ねてはいけない、というものです。フロアタイルを置ければ収入を得ることができます。誰かが全部の建物コマを建設したら、そのラウンドでゲーム終了です。一番残金が多かった人勝ちです。

一番のポイントは、フロアを置いた高さによって収入が大きく異なることです。収入は、フロアの大きさ(マス目の数)×置いた階数(高さ)です。例えば1階で5マスのフロアを置いたら、5金しか得られませんが、5階で5マスの大きさのフロアを置いたら、25金の収入を得ることになります。自分のフロアでなくても建物の建設は可能(=他の人のフロアに自分の建物を建てることも可能)なので、他の人のを上手く利用して稼ぐこともできます。またそれを踏まえて建物コマやフロアタイルを置くことになり、駆け引きが発生します。パズル的な要素と駆け引き要素がとても面白いなと思いました。今回は1位の人が圧勝でしたけど^^;またやってみたいなぁ。

短時間の滞在になってしまいましたが、とても楽しく過ごすことができました。対応してくれたスタッフさんがなかなかマニアなお話もしてくださったのも、私としてはとても嬉しかったですね。これだけ楽しめて、3時間500円はとても良心的。すごくありがたい。なお、3時間以上は1000円、という至ってシンプルな料金システムになっています。すごいな。

札幌行った際にはまたぜひ行きたいと思います!スタッフさん、同卓してくださった方々、ありがとうございました!

Posted by 嶺美(れみ)