ゲムマ2018秋の新作を少しだけ遊んできました

遊んだ場所・イベントゲームマーケット

少し前になりますが、ジェリカフェ名古屋大須店さんが、「ゲムマに行った」というツイートをされていました。


今回のゲムマはお留守番組だった私としてはこれは行かねば!と思い、行ってきました。以下、遊んだゲームです。

今回遊んだゲーム

花と吹雪


角刈書店さんの新作です。吹雪に見舞われないように宝石の花を獲得するゲームです。ゲームの流れはざっくり書くと、カードを伏せて出す→プレーヤーマーカーを移動させる→カードを公開して「サン値」を決定→その決定した値をもとに清算、という流れです。まず手番順に、山札からカードを引き、手札から1枚選んで伏せて出します。その際、そのカードが中央のカードの数字よりも高いか低いかを示すトークンを一緒に置きます。ただ、このトークンは必ずしも正直に示さなくてもかまいません。その後今度は、手番とは逆順に、ボード上のプレイヤートークンを1つ移動させます。それが終わると、全員のカードをオープンし、サン値を決定します。決定後、それに従い、点数の清算を行います。ボード上でサン値以上のエリアにいるプレーヤートークンは(吹雪に見舞われてしまうので)ペナルティとして、プレーヤーの手元に戻されます。無事だったエリアでは場所に応じて点数を獲得します。これを繰り返して、20点(花2本分)獲得した人が勝ちです。

今回3人でプレイしたんですが、うーん・・他の人が出す数字の読み方が甘かったのかな。2戦やって2戦とも最下位だったような(うろおぼえ)上手い人はサン値がいくつくらいになるか読み切って、確実に点数を稼いでいました。終わった後で同卓した人とも色々話しましたが、プレイ人数が少なくて、かつ奇数人数だったことも影響していたかもしれません。サン値を決める際、中央のカードとプレーヤーの出したカード全部合わせて昇順に並べます。その際に、中央にあったカードが、最大値でも最小値でもなかった場合、半分よりも右にあるカードがサン値になります。3人だとコントロールがしやすいというか、サン値がいくつになるか予想しやすいようです。偶数人数で多めのほうがサン値が読みづらく難易度があがって面白さが増すかもしれません。

骰棋(ダイスチェス)


誰の(どこの)作品か、どれだけ調べても出てこなかったよ・・・・。すっきりしないので、ご存知の方いましたら教えてください。タイトルの通り、ダイスを使ったチェスのような2人用ゲームです。初期配置としてパッケージの写真のように並べます。手番でできることは「移動」か「変化」の2択のうち、どちらか1つを行います。「移動」は、自分のダイスを一つ動かします。動かし方は、出目によって異なります。「変化」はダイスを2つ選んで、その合計値が変わらないように出目を変えるというものです。ただし、片方が1の出目の場合は、必ず1を使った組み合わせにしないといけません。交互に手番を繰り返し、相手の1の出目のダイスを取れたほうが勝ちです。

プレイし始めてから重大な事実を思い出しました。私、チェスも将棋も未経験なうえに、どうぶつしょうぎでも勝てたためしがないほど、この手のジャンル苦手だったわ(;´Д`)あ、嫌いではないです。どヘタってだけです(笑)手番でできる「変化」というアクションによって、相手の手がより読みづらくなっている印象でした。3と4のダイスを変化させて5と2にする、といった手はこのゲームに慣れていないとなかなか想定できなかったです。ものの見事にどんどん自分の手駒をとられ、最後には1のダイスだけとなり、積んで終了しました。ううう、難しかった(;´Д`)ゲームとしては面白いと思いますので、将棋やチェスが好きな人は、それらの変化形のゲームとして、ぜひ遊んでみてほしいです。

まじかる☆ベーカリー?わたしが店長っ!?


MAGIさんの新作です。パン屋で可愛い店長やバイトを働かせて点数を稼ぐゲームです。手番の流れとしてはざっくり書くと、設備による収入→キャラクターの人数分アクションを実行→手札のリセット(残ったものを全部捨てて補充)です。特徴的なのは、2つ目のアクションの部分です。コストを払って手札のアクションを実行するのですが、アクションによっては、一部のキャラクターしかできないものもあります。(例:「面接」はバイトリーダーと店長が、「圧迫面接」は店長だけができます)また、他のプレーヤーのキャラクターや設備を奪うようなアクションもあります。その他、次の手番用にカードを持ち越すこともできたり、まったくアクションをしないことによって収入を得ることもできます。得点源は主に、設備やキャラクターに書かれたポイントです。山札が尽きたら捨て札をシャッフルしなおして山札とし、3回山札がつきたら、ゲーム終了です。得点が一番高かった人が勝ちです。

とっても可愛い絵柄とは裏腹に、アクションがややブラックなのが面白いです。前述で例に挙げた「圧迫面接」のほか、「ごみあさり」「金庫泥棒」「オーブン泥棒」というのもあります。もう一つ面白かったのはダイスの扱い。他プレーヤーに仕掛けるアクションが成功するかは、ダイスの出目によって決まるのですが、出目を変えることができる魔法カードがあります。これは自分の出目だけではなく、相手の出目にも適用できるので、魔法を使って自分の出目を変えたら相手にも魔法を使われて出目を変えられる、なんて場面も多々ありました。3人プレイでお一方に圧勝されちゃいましたが、楽しかったです。

たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ。


CRIMAGEさんの作品です。これは新作ではないんですけど、ツイッターでは話題になってますよね。ってことで、同卓の人からリクエストが入りました。

1人親を決めます。その後、それ以外のプレーヤーは山札から6枚引きます。親がゆっくり10数えている間に、引いた6枚と初期カードを組み合わせて、プロポーズの言葉を考えます。その後1人ずつ発表していき、手持ちの指輪を差し出します。親が一番グッと来た言葉をひとつ選んで、指輪を受け取ります。その後親が時計回りに変わります。これを繰り返し、一番早く手持ちの指輪がなくなった人が勝ちです。

えっとねー。正直なところね、10秒は無理!( ;´Д`)だから今回は、できたら言ってね、って親が待ってました(笑)ちゃんと厳密に時間測るとしても、せめて30秒は欲しいよ。いや、30秒でも無理かもしれない。ほんとに10秒でみんな作ってるの??確かに考えだすとキリはないけどさぁ。名言どころじゃなくて、文章にならないんだよね。なので、今回は時間はほぼ無視して作ってました。その結果、自分が作った一部がこちらです。


いやぁ、いい感じのが思いつかないなぁ。カードの引きが悪いと、結局初期カードだよりにならざるを得ない。それでも趣旨がプロポーズだから、そこまでネタに走る必要はないし、そこまで変なワードは多分なかったはず。多分^^;;楽しかったですよ。でも個人的には誰かが3回選ばれる前に2周とかくらいで終わってもいい気がしました。

Posted by 嶺美(れみ)