皇子会。に行ってきました

遊んだ場所・イベントクローズ会

「今夜はアナログゲームナイト」でおなじみ、太陽皇子。さん主催の皇子会。に行ってきました。時系列的には前後するけど、まぁ気にしない。

皇子会。は本来ボードゲームを遊ぶ会です。ですが、今回はちょっと何やら違います。

ジャーン!うわぁ、ケーキがいっぱい(´∀`)実は今回、ケーキをみんなで持ち寄ろう、というケーキ会でもありました(笑)ツイートのサムネイルはケーキの箱の写真だったのです。あ、お店にはちゃんと持ち込み料を払ってますよ、念のため。

事前に設定されたルールのもと、各自ケーキを用意して行きました。ちなみに、私が持っていったのは、マスカットのタルトと、チーズケーキ。こうして並べるとイイですねぇ。ケーキバイキングみたい。また、今月は主催の太陽皇子。さんの誕生日もあるため、メンバーの一人がお誕生日おめでとうと書かれたチョコレートも用意していました。さすが。

この後みんなでつついて、色んな味を楽しみながら、おしゃべりに花が咲きました(´∀`)かなり長いことしゃべってたよね。あれ、なんの会だっけ?って思うくらいいっぱいおしゃべりしました(笑)

お腹いっぱいになってケーキが尽きたところで、ようやくボードゲーム開始です。なので、本当に少ししか遊んでません(笑)ということで遊んだゲームのご紹介です。

今回遊んだゲーム

アブルクセン


カードを上手に出して手札を出し切ることを目指すゲームです。準備として、各プレーヤーに手札を13枚配ります。また場には山札と6枚のカードを表向きで並べます。手番が来たらカードを自分の前に出します。その際、同じ数字のカードであれば、複数枚を一度に出すことができます。そのあと、自分より後の手番の人が、同じ枚数で、より大きな数字のカードを出した場合は、攻撃の対象になります。攻撃した人は、対象のカードを獲得することもできますが、任意です。攻撃した人がそのカードを不要とした場合、出した本人は、そのカードを手札に戻すか、捨ててその枚数分、場や山札からカードをもらいます。攻撃の対象となるカードは直前(直近)に出したカードですが、攻撃によってそのカードが捨てられた場合はその前に出したものが対象になります。攻撃の対象が複数人該当した場合、それぞれに攻撃が発生し処理を行います。これを繰り返していき、一番最初に手札を出し切れた人が勝ちです。

むぅ、説明が長くなってしまった( ;´Д`)実際にプレイしないとその感覚がわからないゲームの一つだと思います。面白いんですけどねー。今回5人でプレイしたけど、半数が初プレイ。(私はプレイ経験あり)序盤は手探りでやってる感じでした。でもそうなると思う。私も初プレイの時はよくわかんなかったですもん(笑)慣れてくると、あえて攻撃対象になりやすいように出して、攻撃された時に、場から欲しいカードをゲットするということもできるようになります。でもカード運にも多少左右されちゃうからなぁ。今回はあと一手で出し切れるって状態だったのに、先にあがられちゃいました。残念!

中華料理ドラフト

これをここに書いていいのか?って思ったんですが(写真もないし)一応ね(笑)ドラフトというと、ボードゲーマーの大半はカードを交換するイメージを抱くと思いますが、そうではありません。ドラフトはドラフトでも、野球のドラフトと同じです。中華料理屋さんのメニューを見て、1巡目指名を決めて、順に公開します。人と被ったら、被った人たちのみで、選び直してもう一度公開。1巡目指名が終わったら2巡目指名を行う、を6巡目まで繰り返します。いい感じの組み合わせで選べるかな?っていう、皇子のオリジナル?のゲームです。

6つのうち、「麺・ご飯」から1つ、「デザート」から1つを選ぶという条件つきで、選んでいきました。これ、中華料理が食べたくなって仕方ないね(笑)メジャーなものが案外被らなくて、意外なものが被ったりと面白かったです。ザーサイ被ったのが一番驚きました。うーん、みんながそれぞれ選んだメニューのメモを撮っておけばよかったなぁ。

CV


豊かな人生を送って点数を稼ぎましょうというセットコレクションのゲームです。CVって調べたら「Curriculum Vitae」の略で履歴書って意味らしいです。なるほど。あらかじめ場にはボードとプレイ人数に応じた枚数分、カードを表にして並べておきます。手番が来たら、まずダイスを6個同時に振ります(振れるダイスの数は後々、カードの効果によって増えることもあります)ダイスは2回まで振り直すことができます。最終的に確定した出目を使って、カードに書かれたコストの数の分あれば、カードを買うことができます。1手番に2枚まで買えます。買ったカードは自分の前に種類ごとに表向きにして並べます。この時一番上になっているカードに書かれた効果を使えるようになります。その効果の中には、カードの購入に使える各マークのチップが増えるものもあります。最終的には、カードの種類ごとに集めた枚数に応じて点数を計算し、得点が高かった人が勝ちです。

カードが青年期、中年期、老年期と3種類の世代に分かれていて、世代に応じた内容になっています。が、その書かれている内容が妙にリアルというかツッコミどころ満載と言うか。「結婚」というカードもあるんですが、そのカードは1枚しかないので、誰か一人しか結婚できないということになります(笑)ひどい。しかも今回はそのカードを獲得した人は、のちにそのカードを捨てていたような(;´Д`)中には、「フリーランサー」「ブログを書く」というカードもありまして、これは取らないわけにはいかない!(`・ω・´)と思い、獲得。結果、こうなりました。

バランスの取れた比較的豊かな人生になり、トップでした♪勝ったこともだけど、「フリーランサー」と「ブログを書く」のカードをゲットできたことが満足でした(笑)

遊んだゲームがなんとこれだけ!少ない!!Σ(・□・;)いつもよりのんびりまったりでしたが、楽しかったです♪

Posted by 嶺美(れみ)