皇子会。に行ってきました

遊んだ場所・イベントクローズ会

「今夜はアナログゲームナイト」でおなじみ、太陽皇子。さん主催の皇子会。に行ってきました。

12月ということで忘年会も兼ねてました

今回は忘年会ということで、いつもと曜日と時間帯も異なりました。それもあって、遠方からしかもカロムを持って参加されていた方がいましたΣ(゚Д゚)大変だったろうなぁ・・。今回は遊べませんでしたが、太陽皇子。さんに託していかれたので、機会があれば遊ばせてもらおうと思います。カロムを遊べなかった分、他にいっぱい遊びましたので、早速遊んだゲームのご紹介です。

スポンサーリンク

今回遊んだゲーム

スプリングラリー


レースがモチーフのトリテのゲームです。あらかじめ5枚づつカードを配った状態でスタートします。1枚ずつカードを出していきますが、基本はマストフォローです。親が出したカードと同じ色のカードを出さなければいけません。なければ、他の色を出してもいいです。全員が1枚ずつ出したら、カードの強さを確認します。全員が同じ色であれば、一番大きい数字が強くなります。複数の色が出ていれば、2色目、3色目と後に出した色のカードのほうが強くなります。一番強いカードを出した人が、場にあるカードの中で一番小さい数字分だけコマを進めます。コマを進められなかった人は、手元のぜんまいをまわします。これを5回繰り返して手札がなくなったら、一番ゴールに遠い人から、ぜんまいを解放して、指していた目盛りの数字分だけコマを進めます。それを全員行ったら新たなラウンドを開始します。誰かがコースを2周したらその人の勝ちでゲーム終了です。もしくは3ラウンド行っても誰も2周しきれなかった場合は一番前にいる人が勝ちになります。

すごく変わってますね、トリテとしてもレースとしても。すごく不思議なゲームという印象です。リードのカラーがなかった場合他の色を出してもいいけど、後から出した色が切り札となってそっちのほうが強くなるというのが、個人的にはとても読みづらい点です。また、自分がどの手札を出してもコマを進められないとわかると、ちょっとでも進ませない様にしようと、小さい数字のカードを出すので、トリック取れてもあんまり進めない。それなら、わざと負けてぜんまい回した方がいいのかなぁとか。面白いけど、モチーフや見た目よりもゲームは決して可愛くない感じがしました(笑)

愚かな牛


手札を減らしつつ失点のカードを押し付けるゲームです。各プレーヤーに手札として9枚配り、各動物の失点カードを場に準備してゲーム開始です。手番ではカードを1枚、もしくは2枚出します。2枚出す場合は同じ種類でないといけません。1枚で出す場合は、それぞれの種類に応じた効果が発動します(ただし羊は何も起こらない)2枚で出す場合は、該当する種類の失点カードが、左隣に移ります。これを繰り返し、誰かの手札がなくなったらラウンド終了です。それまでゲーム中に動いてた失点カードは、ラウンド終了時にあった場所の人が獲得することになります。それとは別に、残った手札の枚数が多かった人も失点カードを獲得します。3ラウンド行ってゲーム終了で、一番失点の少なかった人が勝ちです。

個人的には2度目のプレイです。説明を聞いただけでは面白さが伝わりづらいゲームですね。遊ぶと結構楽しいゲームです。ポイントはやっぱり失点のカードが動く点でしょう。自分のところから回避させるために、2枚出しても、みんながそれをやると、最悪戻ってきてしまいます。また失点カードを回避するためように、手札を貯めていても、他の人にラウンドを終わらせられた時に、残った多さゆえに失点カードを受け取ることになります。派手さはないけど、実際遊んでじわじわ楽しさがわかる感じのゲームですね。

実はこの後、それまで他の卓で遊んでいた面々とシャッフルすることを目的にくじ引きをしました。が、くじ引きした結果、くじ引き前と卓の面々がほぼ変わらないという状態になりました(笑)15,6人くらいいたのに、1人2人くらいしか変わらなかったよ^^;個人的にはこれがこの日の一番のハイライトだと思ってます。はい、では、引き続きゲームのお話です。

おかしな自販機


自販機の商品を上手に買って集めるゲームです。全員がそれぞれ同時に、アクションを行います。できるアクションは3択のうちの1つです。自販機にお金を入れて商品を買うか、持っている商品カードを自販機に戻して中に入っているお金を獲得するか、銀行から1金得るか、です。全員がアクションを行ったら、自販機を右隣の人に回します。これを繰り返し、誰かが商品を5枚買ったら、もしくは、自販機の最後の1枚が買われたか、で、ゲームが終わります。得点計算を行い、一番高かった人が勝ちです。

いわゆるセットコレクションのゲームなので、カードの色や書かれている商品の種類に気を付けながら上手に商品を買い集めていく必要があります。買い方が悪いと点数が伸びません。また、自販機の色と中の商品の色が一致しているときとしていない時とでは、コストが異なります。中と外で色が違うときは同じときよりも高いので、欲しいけど買いづらいな、どうしよう、って感じる部分が出てきます。でもあまりにも買い控えてしまうとその間に、他の人に5枚集められたらゲームが終わってしまいます。どのタイミングで買ってどのタイミングで買うのをやめるか、その見極めが難しいけど面白いゲームですね。

CuBirds(キューバード)


手札を上手に出してカードを獲得し鳥の群れを作るゲームです。あらかじめ各プレーヤーに手札として8枚配り、場に3×4の形でカードを表向きにして並べます。手番では、まず1枚カードを出して場に並べます。これは必須です。この時、場にある鳥のカードと同じ鳥のカードを反対側に出して挟むことができれば、間のカードを獲得することができます。挟めずに獲得できなかった場合は、山札から2枚補充になります。この後、指定の枚数を自分の前に出して群れを完成させることができます(これは任意です)指定の枚数は、鳥の種類によって異なります。誰か一人の手札がなくなったらラウンドは終了し、場にあるカードはそのままに、残っている手札は捨て札になります。これを繰り返し、誰かが7種類の鳥を集めるか、2種類の鳥が3枚ずつになったらゲーム終了です。

多分これは今回の、自分の遊んだ卓の問題かもしれませんが、上家(かみちゃ=直前の手番の人)にことごとく、おいしいところを持っていかれて、自分が狙っていたものが全部なくなった状態で手番が回ってくる、という状況が多々ありました。そういうゲームだとは思うのですが、確実に上家に対するヘイトが上がっていきました(笑)もう、全部取られるんだもん、やりたいこと何もさせてもらえない。ある程度集めて次の手番では群れ作れるかなぁ、ってなっているときに、今度は上家にラウンド終了をさせられて、手札を全部捨てることになったり。いやぁ悔しい場面が本当にたくさんありました。こればっかりは、引きとタイミングなのかなあ。ただ、それは他の人も一緒で、頻繁に「あ~~~~~」という悲鳴が上がっていました^^;もう一回リベンジしたら、もうちょっとマシなプレイができるだろうか・・。

ZENMASTER(ゼンマスター)


クニツィア氏の作品で、スートなしのトリテです。というと難しそうに聞こえるかもしれませんが、ルールは至ってシンプルです。各プレーヤーに手札として9枚配った状態でゲーム開始です。手番で手札から1枚出して、全員が出したら数字の大きさを比較します。数字が一番大きい人が黒い棒を、小さい人が白い棒を獲得します。この棒は両方とも失点です。ただし、黒と白それぞれで同数であればその失点は相殺されて返すことができます。これを9ラウンド繰り返し、1番失点が少ない人が勝ちです。

トリテだけどスートがないので、シンプルな数字比べです。なのに、なにこの苦しさ(笑)1回1回の手番でのジレンマや苦しさがハンパないです。理想は棒は取りたくない。でも状況によっては、どのカードを出しても棒を取ることになってしまう。すると今度はその棒を返すために、取りに行かなきゃいけない。でも上手に勝つか負けるかしないと棒が取れない。どうしよう~。ってなります。しかもラウンドごとにそれぞれ失点を計算するんですが、後のラウンドで無失点で終わると、それまでのいずれかのラウンド分の失点をなくせる、というルールがあるんです。だから無失点で終わりたい、けどそうそううまいこと行かせてくれない。うぐぐ~~~~ってなるゲームです。好きなトリテがまた増えました。面白かった。

LAYERS(レイヤーズ)


制限時間内に手元のシートと土台部分を使って見本通りに再現するゲームです。(上半分に写っている白いものが土台です)お題は、大きく分けて3種類あります。シートの使用枚数3枚のもの、4枚のもの、5枚のものの3種類です。いずれかのお題の山札から1枚めくってスタートし、時間内に再現を試みます。再現出来たのが速い人から点数を獲得します。ただし、獲得する得点はラウンドごとに異なります(それを示すが、中央に写っている細長い小さいものです)合計6ラウンド行い、一番点数が高かった人が勝ちです。

はっきり言います。これ私すごく苦手なタイプです(;´Д`)見えている色から使うシートは見当つくんです。でも、そこから先、どう重ねればいいかわからないんです。重ねる順番と向きが全然わからず四苦八苦。砂時計が落ち切っても再現できず(;´Д`)3枚のお題のものでそれだから、5枚とか到底無理です。得手不得手がかなり出るゲームですね。どうしたらもっと速くできるのか、コツが知りたい。練習すればできるようになるんだろうか・・。

気になってた新作ゲームがたくさん遊べて楽しかったです♪ありがとうございました!

Posted by 嶺美(れみ)