ほわっとぷれいで遊んだゲーム(1/4)

遊んだ場所・イベントほわっとぷれい

皆様あけましておめでとうございます!2018年最初の記事は、昨日1/4にほわっとぷれいで遊んだ記録となりました。(その日中に書くつもりだったのに、知らない間に日付変わってた^^;;)

世間一般が仕事始めの中、ほわっとぷれいでも1/4から営業開始と告知されていましたので、まだ連休中の私は遊びに行ってきました♪以下、遊んだゲームです。

遊んだゲーム

ラミイキューブ


言わずと知れた有名ゲームの一つですね。ちょうど私がお店に到着したときに、このゲームの卓が立つところだったらしく、混ぜてもらいました。手持ちの数字タイルを早くなくした人が勝ちで、残った分は失点になる、というのが本来ですが、だったら単純に勝ちか負け(最初になくして上がった人が勝ちで、他の人は負け)でいいじゃん、という話になり今回は失点は計算せずに、あがりを目指すことに。

このゲームの面白さは、場に出ているタイルをいかに上手に使うか、だと思うんですが、それがとても上手な方がいてみていてとても勉強になりました。聞けばその方はこのゲームが大好き、とのことで、なるほど納得。私は久しぶりのプレイだったので、1ゲーム目ではそこまで動かして作るということができなかったんですよね。2ゲーム目では頑張ったつもり。・・・だったから、1枚だけ残ったのが結構悔しかったです(笑)

魔法にかかったみたい(Wie verhext!)


手札を上手に使って魔法薬を作り、点数を獲得するゲームです。平たく言えばそうなんですけど、この言い方だと一番肝心な部分が実は抜けてるんですよね。実はこのゲーム、手札の出し方と出した時のアクション選択がちょっと変わっててそこが一番面白い部分でもあります。

各プレーヤーが同じカード12枚を持っていて、その中から5枚を選んで手札としラウンドスタート。カードには上下に2種類のアクションが書かれています。スタートプレーヤーは上のアクションしか選べません。が、その効果はすぐには処理されません。それ以外のプレーヤーはスタートプレーヤーが出したものと同じカードを持っていたら、必ず出します。(持っていなければパスになります。)その際、上のアクションか下のアクションかを選ぶことができます。下なら即座に効果を処理します。上を選んだ場合、直前に上を選んだ人のアクションの権利をなくして、自分がその権利を得ます。ですが、自分より後のプレーヤーがカードを出して上を選択したら、もちろん奪われます。つまり上のアクションは最後にその権利を得た人(最後にそのアクションを選択した人)となります。

ものすごく、キーとなる部分だけ取り上げて言うとこんな感じです。だからめっちゃ心理戦なんです。他の人はどのカードを使ってくるかなって考えながら手札を選んだり、アクションを選んだりするところが、本当に面白かったです。こちらも2ゲーム行いました。点数はそこまで高く伸ばせなかったけど、またやりたいなぁ。

スポンサーリンク

しょーもないおまけの感想?

冒頭でも触れましたが、世間は仕事始めでした。だから正直、人そんなにいないんじゃないかなーって思いながら行ったんですよ。そうしたら思ってた以上に人がいたのでうっかり「人がいっぱいいる!!」って心の声がそのまま出てしまい、スタッフさんに「ひどい!(いつもは)いないみたいじゃないですかー」って突っ込まれました(笑)すみません^^;;

3時間程度の滞在だったので、2つのゲームをそれぞれ2回ずつプレイするのみにとどまりました。次行ったときはもっと長く居てたくさん遊びたいですね。

Posted by 嶺美(れみ)