ほわっとぷれいで遊んだゲーム(2/4)

遊んだ場所・イベントほわっとぷれい

少し遅くなりましたが、日曜日にほわっとぷれいに行ってきました。少し前にDiscord(チャットツールの一つ)で、レジスタンスの話で盛り上がっていたのを見て、入れてもらいたいなー(笑)と思って行きました。もちろんその他も短時間でしたけど、遊びましたよ。ということで遊んだゲームはこちらです。

遊んだゲーム

パッチワーク


お店に着いた時は、まだDiscordで盛り上がってた方々がいなかったので、その時いらしたもう一方と遊ぶことに。2人用の定番ゲームですね。定番だけど実はまだ未プレイだったので、私がリクエストしました。パッチを上手に埋めてボタンを稼ぎましょうというゲーム。手番がきたら、パッチを買うか、コマを進めてお金(=ボタン)を得るかのどちらかができます。前者の場合は、ポーンから時計回りに3つ先までのいずれか一つを買うことができます。後者の場合は、相手のコマの一つ先まで進め、進んだマス目の分だけもらえます。なお、パッチを買った場合は、買ったパッチに書かれた時間(砂時計)の数だけコマを進めます。なお、手番はコマが後ろにある方が先に行いますので、状況によっては連続手番になることもあります(※連続手番を略して「レンテ」って言ったりもしますねー)

このゲームのポイントの一つは、パッチで盤面をすべて埋められるかどうか、になります。なぜならゲーム終了時、空きマスは減点になってしまうからです。・・・・だけど、わかっていてもそう簡単にできないんだよねぇ、これが。今回の結果が写真のとおりです。10マスも空きを作ってしまった(;´Д`)20点も減点してしまって、残った点数が右側に写っている分ですね。こういうゲーム、決して嫌いじゃないんですよ。結構好きなほう。だけど「好き」が必ず結果につながらない典型ですね(笑)まぁ、初プレイだったし。次こそは全部埋めたい!!

レジスタンス アヴァロン


パッチワークが終わったころに、Discordでレジスタンをやりたい!と言っていた方々が到着。約束していたわけではないのですが、人数もある程度いないとできないということもあったので、混ぜてもらっちゃいました。ありがとうございます。

私も含め、6人になったところで開始することに。でもなんと私以外皆様初プレイということで、インストさせていただきました。私も久しぶりだったので、若干緊張しながらインストしてました^^;(しかも鼻の調子が最悪でマスク&鼻声だったという・・お聞き苦しい声でほんとすみませんでした(;´Д`))

自分以外他のプレーヤーがどんな役かはわからない、いわゆる正体隠匿のゲームです。アーサー陣営とモードレッド陣営の2つがいます。平たく言えば、アーサー陣営が正義(青)でモードレッド陣営は悪(赤)ですが、誰がどちらかはわかりません。前者は5回中3回クエスト(任務)を成功させることを、後者は逆に失敗させることを目指します。ゲームの流れとしては、任務(クエスト)を遂行するメンバーを話し合いで決めます。話し合いの末その時のリーダーが誰をメンバーにするかを決めて、それに対し他のメンバーは承認するか否かを一斉に示します。承認されればそのメンバーでクエストにチャレンジします。具体的には、「任務成功」と「任務失敗」の2枚のカードのうち、どちらか1枚を投票します。この投票の結果のカードが全て出れば成功です。1枚でもがあれば失敗になります(※プレイ人数によって一部クエストで違う場合があります)

今回は6人だったので、青が4人で赤が2人の構成。私以外初プレイで正体隠匿自体をあまりプレイしたことがないという方もいたので、まずは、一切の役職は抜きにしてプレイしました(役職については後述)全部感想を書くととても長くなるので、ざっくり結果を書きますと。

  • 1回目:役職抜きの状態。赤で勝利。
    (うっかり2人ともあえて成功いれて焦る場面はありましたがw)
  • 2回目:もう一度役職なしの状態。青で敗北。
    (ものの見事に騙されました。全然わかんなかったw)
  • 3回目:マーリンと暗殺者を追加。青(マーリン)で勝利。
    (バレないか心配でしたがなんとか^^;)
  • 4回目:3回目と同じ。青で敗北。
    (←マーリンを当てられました。うん、あれはわかりやすかった^^;;)

役職について補足すると、マーリンは青陣営の一人で、赤陣営が誰かを知っています。ただしマーリンは正体をバレてはいけません。なぜなら、ゲーム終了時、赤陣営にマーリンが当てられてしまうと、赤陣営の勝ちになるからです。暗殺者は、ゲーム中は特に何もしませんが、ゲーム終了後、マーリンが誰かを指名することができます。うまくマーリンを当てられたら暗殺できた=赤陣営の勝ちということになります。

・・・抜けあるかなぁ。多分こんな感じで4回やりました。実のところ正体隠匿系は得意ではないし、はっきり言うと人狼はキライなんですが、これに関してはそこまで嫌いじゃなくてまだ楽しめます。人狼のように途中で吊られるということがないからですかね。あとは、上記くらいの役職であれば、騙る(かたる)必要がないからその点でも楽ですね。ただ、しゃべりすぎても黙りすぎても疑われるので、適度に話さないといけないという点はどんな正体隠匿系も同じなので、そこは相変わらず苦手です。今回は皆様があまり慣れてないということもあって、言動がわかりやすかった印象ですね。2回目だけは、赤陣営の人が予習してきてた人で上手に誘導していたので、それを見抜けなかったけど。たまにやると楽しいなぁ。まさか4回もやるとは思わなかったけど(笑)

宝石の煌き


皆様ご存知の大定番、宝石の煌きです。定番ですし他が長くなりましたんでこの説明は割愛します^^;前述のレジスタンス アヴァロンで同卓した人のうち、時間の都合上長くかからないものを希望した4人で卓を作りました。お一人が初プレイということで、これも私がインストしました。

過去の経験を踏まえ、他の人の持っているものを気にしつつ集めて行ったんですが、私の狙いが非常にわかりやすかったようであと1枚宝石カードがあれば、貴族2人目で15点に達する、というときに、ものの見事に狙いのカードを「確保」で取られました(笑)それも2回も。そしてその人に先に15点を達成され、私は最後の手番でカードを獲得しても14点止まりになりました。上の写真はその結果です。うーん、初めて15点に到達して勝てるかなーって思ったんですけどねー(実はまだ勝ったことない)確保しておけばよかったのに、それをしなかったのが一番の敗因かな。この日はこれが一番悔しかったです。

Posted by 嶺美(れみ)