金曜イエサブボドゲ会に行ってきました(11/10)

先日(11月10日)、金曜イエサブボドゲ会に行ってきました。

実は2回目だったりします。ずいぶん前に行ったことが1度あったんですが、それ以来全然行けずにいました。(金曜の夜って個人的に予定が他に重なることが多いので)久しぶりに行ったら、イベントスペースがかなりにぎわっていました。イエサブでは結構他のイベント(カードゲーム系のイベント)も行われているので、半分はその影響ですが、それにしても、前、来た時にこんなにいたっけ?とちょっとびっくり。

着いてすぐは、2卓ともまだゲーム中だったのでしばらく待機してました。その後さらに数人くらい増えたので、卓を4つにわけてプレイすることに。ということで、今回私がプレイしたゲームはこちらです。

今回遊んだゲーム

インカの黄金

画像・・・撮ってなかった汗

財宝をより獲得した人が勝ち。遺跡をどんどん進むと仮確保した財宝が増えますが、生きて帰らなければ獲得できません。遺跡には危険が潜んでいて、同じ種類の危険が2度起きたら、生還できずに仮確保した財宝はすべてなくなってしまいます。財宝を多く獲得するために奥深くまで進むか、リスク回避のために早めに帰るか、平たく言えばチキンレース。こういうゲームはどうしてもビビッて慎重になっちゃうんですよね。結果、全然獲得できませんでした(笑)堅実に行きたくなるんだもん・・。でもゲームとしてはすごく好き。

アンコール


ダイスを振って、付属のシートのマス目を埋めていきます。色と数を決める2種類のダイスが、3個ずつ、計6個を同時に手番の人が振ります。手番の人がそのうちどれとどれの出目を使ってシートを埋めるかを決めた後で、他のプレーヤーは残りのダイスの出目を組み合わせてシートを埋めます。これを繰り返して最終的に点数の高い人が勝ちです。ダイス運強めではあるのですが、手番の人があえて他の人に不利なようにダイスを残す、といった戦略的な選び方をすることもできます。今回のプレイ中でもそんな局面が実際ありました。

でもそれよりも、ワイルド(オールマイティ)の出目がものすごく頻繁に出てそれがびっくりでした(笑)毎回のように1個は出てたぞ。(ちなみに、ワイルドの出目を選べる回数は1人8回までと制限があり、残っていた回数分ボーナス点になります)個人的には2回目のプレイだったんですが、その時よりもめっちゃ埋めることができてトップでした♪

NMBR9(ナンバーナイン)


カードで指定されたピースを上手に重ねていくパズルゲームです。使うピースは0から9の形をしたピースが一人2個ずつ。並べるには1マス分接していないといけないし、重ねるには、下の段に空きスペースができてはいけません。また、二つのピースまたがるように置かなくてはなりません。以上の条件を守りながらピースを重ねていき、最終的に点数が高い人が勝ちです。一番下の段は、点数にならないので、いかに上手に上に重ねるかがポイント。また、段ごと(取説ではレベルと表現されています)に点数が異なり、下から2段目は1倍、3段目は2倍となります。ピースをどう置くかが本当に悩ましいけど、すごく面白かったです。奇跡的に点数が結構とれて、2位でフィニッシュ。

大宇宙すごろく


イベント終了時刻だったけど、インスト含めさくっと終わるゲームをやるってことで、最後にこれをプレイ。名前の通りすごろくだけど、サイコロではなくカードで進むタイプ。伏せて出して一斉オープンし、かぶってない人のみが進めます(かぶってたら進めません。)ただしその後最下位の人は、カードをお布施すれば菩薩の慈悲で一気に進むことができる、といった、ちょっと変わったすごろく。何よりもコンセプトとそれに基づいた用語の数々がとても面白くて(笑)運よく1位でゴールしたけど、そっちの印象がものすごく強く残っています。


PAGE TOP