アズール:シントラのステンドグラス~今度は窓を華麗に!~

ゲーム内容紹介2人, 30~45分, 3人, 4人

今回ご紹介するのは、アズール:シントラのステンドグラスです。

内容をざっくりと

  • 王宮の窓を綺麗にステンドグラスで飾りましょう!というゲーム
  • 手番では、場から1色のガラスを取るか、職人コマを左端に戻すかの2択
  • 1色取った場合は自分の窓に配置
  • ただし配置は、職人コマがいる列かそれよりみ右の列しかできない
  • 配置したらその都度列が完成しているか確認
  • 完成していたら点数を獲得
  • 6ラウンド行い、一番点数が高かった人が勝ち
スポンサーリンク

もうちょっと詳しく

ゲームの準備

中央の場には、工房展示ボード(円形のボード)を人数に応じた枚数分並べます。各プレーヤーは色を決めて、その色に応じた宮殿人ボードと図案票(窓の列)8つを受け取ります。個人ボードの上に窓の列をランダムに並べます。なお、図案票の中の一つに、グレーの〇がある面がありますが、その面は最初は見えないように並べます。そして、一番左の図案票の上に、職人コマを置きます。するとこうなります。

また、得点ボードには、0のマスと、破損タイルインジケーターのところにマーカーを1個ずつ置きます。そして、ボード中央のⅡ~Ⅵのマスに、5色のガラスタイルを1つずつランダムに置き、Ⅰのところには、袋から見ずにランダムで引いた1個を置きます(ここがラウンドインジケーターにもなっています)ここまで準備した例がこちらです。

(注釈:これらの得点ボードに関する準備を含め、得点ボードの処理をする担当者を決めます、と取説にはありましたが、混乱しなければ人を決める必要はないと思います)

最後にスタートプレーヤーを決めて、スタートプレーヤーが袋から見ずにランダムで4つずつ工房展示ボードにガラスタイルを置いていきます。また、「1」のタイルを中央に置きます。

これで準備完了です。

ゲームの流れ

手番では、A.「場から1色のガラスタイルを取る」もしくは、B.「職人コマを左端に戻す」のうち、どちらか1つを行います。

「場から1色のガラスタイルを取る」場合は、以下の流れで処理を行います。

  1. 場から1色のガラスタイルを取る
  2. 取ったタイルを配置する
  3. その列が完成しているかをチェック
    • 未完成なら手番終了
    • 完成していたら点数の計算と完成時の処理を行う
      → 処理後に手番終了

1.場から1色のガラスタイルを取る
タイルを取るときは、どこか1か所の工房展示ボードから取るか、その中央のスペースに落ちているものから1色取ります。工房展示ボードから取った場合は、残ったタイルは中央のスペースに落とします。なお、一番最初に中央のスペースから取った場合、「1」のタイルも一緒に取らなくてはいけません。これは、次のラウンドでスタートプレーヤーになれるものですが、取ったその瞬間は、破損タイルインジケーターは1つ下に下げます。

2. 取ったタイルを配置する
取ったガラスタイルは、同じ色のマス1か所につき1つ置いていきます。この時、取ったタイルは全て同じ窓にしか置けません。また、現在職人コマがいる窓か、もしくはそれより右側の窓にしか置けません。右側の窓に置く場合は、職人コマを置きたい窓の上部まで動かしてから置きます。例えば、

この状態で、左から4番目の窓に置きたいと考えた場合、まず、職人コマを動かしてからその窓にタイルを置きます。こうなります。

なお、取ったタイルを同じ窓に置ききれなかった場合は、あふれてしまった分が床に落ちて壊れたことになり、破損タイルインジケーターが1個につき1段階下に下がります。

3. その列が完成しているかをチェック
窓にタイルを置いたら、その列が完成しているか(5個埋まっているか)をチェックします。未完成であればそこで手番終了で、次の人に移ります。完成していたら、カラーボーナスと列の数字をチェックします。カラーボーナスは現在のラウンドで指定されている色と同じタイルがあれば、1個につき1点を獲得します。列の数字は、完成した列の最下部に書かれている数字と、それより右側の窓で宮殿ボードにタイルがあれば、その列の数字も点数になります。例えば、

この場合、このラウンドでカラーボーナスが獲得できるのは黄色です(ラウンドインジケーターの1番上の色を見ます)完成した列に黄色が4つありますので、カラーボーナスとして4点を得ます。そして、

今回完成した列の宮殿ボードの下の方の数字を見ると、「2」となっています。この数字の分と、この列より右側ですでに宮殿ボードにタイルが置かれている列(この場合、右から2列目がそうです)の数字「1」、2+1で3点を得ることになります。

点数の計算をしたら、完成後の処理を行います。具体的には、今完成させた窓の列から1つだけタイルを獲得し下の宮殿ボードの上の段に置きます。そして窓の図案票を裏返します。前述の例の場合、完成後の処理を行うと、

こうなります。
その列が完成したのが2回目だった場合は、宮殿ボードの下の段にタイルを置いて、その列の図案票は取り除きます。

「職人コマを左端に戻す」を選択した場合は、一番左の窓の上部まで職人コマを動かします。ただし、すでに一番左にいる場合は、このアクションを選ぶことはできません(「タイルを取る」を選ばなくてはいけません)また、一番左の列の窓がすでになくなっている場合は、その隣の列まで戻ることになります(窓のある中で一番左の列まで戻します)

工房展示ボードからも、中央のスペースからもタイルがなくなったら、ラウンド終了です。ラウンドインジケーターのところにある、カラーボーナスを指定するタイルを1つ上から取り除きます。

これを6ラウンド行います。6ラウンド目が終了したら、最後にゲーム終了時の処理を行います。具体的には、未完成で残ったタイル3つで1点の加算と、宮殿ボードのボーナスの加算です。なお、宮殿ボードのボーナスは使う面によって計算方法が異なります。A面を使用した場合は、紋章の周囲にいくつタイルが置けているかで、ボーナス点が加算されます。最終的に点数が高かった人が勝ちです。

感想を色々と

アズールの続編の作品ですね。前作はこちら前作が宮殿の壁を装飾していたのに対し、今度は窓をステンドグラスにしよう!という内容になっています。だからタイルがとても透明感があって綺麗。きらきらしていますね。まるでドロップみたいでおいしそう♪

前作のアズールと比較すると、かなり違う印象です。タイルを場から1色取るところは前作と似ていますが、でも似てるところはそれだけ。他は全然違います。前作が、タイルを全部取ってから全員同時に配置と得点の処理を行うのに対し、今作は配置したらその都度チェックして得点の処理を行います。そして、職人コマの存在。右側の列に配置する場合はそこまでコマを動かします。それを繰り返していると、コマがどんどん右側に動いていきます。そうすると、どこかのタイミングで左端に戻す必要が出てきます。一手使って職人コマをいつ戻すのか、それを考える部分が増えているのでより戦略的になっていると思います。

得点要素に関しても、考え方が結構変わりますね。前作は、縦横をたくさん並べられれば点数を稼げましたが、今作だとラウンドによってボーナスがもらえる色が異なっています。それを踏まえてどこを完成させるか。また、各列の上部には裏面の色も書いてありますので、それも考慮して完成を狙うという考え方もできます。

前作よりも美しく、前作よりも戦略的。だけど私はどちらも好きです。前作が好きという人も、やったことないという人も、ぜひやってみてください!

Amazon.co.jpでチェック
アズール:シントラのステンドグラス 日本語版
  • ホビージャパン(HobbyJAPAN)
  • 価格   ¥ 5,286 ¥ 6,048
  • 販売者 Amazon.co.jp

Posted by 嶺美(れみ)