ブロックス~キモは角と辺の使い方!?~

2019年8月15日ゲーム内容紹介2人, 3人, 4人

今回ご紹介するのは「ブロックス」です。
ブロックス

内容をざっくりと

  • 運要素皆無のパズルゲーム
  • 手番が来たら自分のピースを一つ盤面に置く
  • 全員が置けなくなったらゲーム終了
  • より多く自分のピースを置いたほうが勝ち
  • いかに他人のピースが攻め込むのを許しつつ自分も攻め込むかがポイント(←某漫画の受け売り)
スポンサーリンク

もうちょっと詳しく

ゲームの準備

中央にボードを置きます。また自分の色を決めて、その色のピースを手元に置いておきます。これで準備は完了です。

ゲームの流れ

自分の番が来たら、ボード上に自分のピースを配置していきます。ピースを配置する際は、3つのルールに従う必要があります。

まず、1点目。一番最初に配置するピースは、必ず、ボードの角のマスが埋まるように配置しなければならない。
置き方のポイント1

次に、2点目。同じ色のピースは、角が接するように配置し、辺が接してはならない。
置き方のポイント2

最後に、3点目。違う色のピースは、辺が接しても問題ない。
置き方のポイント3

これらを繰り返していきます。全員が置けなくなったらゲーム終了です。最終的により多く配置できた人(=手元のピースが一番少ない人)が勝ちになります。なお、点数をつけるとしたら、取説にも書かれている通り、残ったピース1マスあたり-1点です。全部置ききったらプラス15点。さらに置ききった際、1番最後に置いたピースが1マスピースだった場合は、5点アップして、20点獲得になります。

感想を色々と

個人的には、初めてプレイしたボドゲなので(子供のころやったドンジャラとか覚えてないし)それもあってつい贔屓目に見がちですが(笑)でも本当に面白いんです!特に気に入っている点がルールが本当にシンプルなところです。だから、覚えやすいし理解しやすいし、人にも説明しやすいんです。あんまり複雑だったりするインスト自体も時間がかかるし、初めての人は理解しづらかったりしますよね。でもこのブロックスは、多分それがないんじゃないかなぁ、と思ってます。

プレイのポイントは配置のルールのうちの、2つ目と3つ目です。このルールを踏まえて上手に配置していくことがカギになります。例えば、下の画像のような置き方ができるということです。(便宜上、赤いピースをいきなり緑のピースに隣接しておいていますが、一つ目と二つ目のルール上、本来であれば、ほかの角からもっとつながった形で緑のピースのところまで接することになるのが普通です^^;)
置き方のポイント
こうした上手な置き方を把握しておけば、一見もう置くところがなさそうに見えても、実は置くことができたり、また他の人のピースが置けないように邪魔をしたり、といったことが可能になります。

補足

ちなみに。基本的には4人でプレイするものだと思うのですが、2人や3人でもプレイは可能です。ただ、それぞれ追加ルールが存在します。
2人の場合は、2色ずつピースを受け持ち、同じ人が受け持つ2色は対角線上になるように置かなくてはなりません。例えば、Aさんが青と黄色、Bさんが赤と緑を受け持つ場合、青を左上に置いたら、黄色は右下になり、赤を右上に置いたなら、緑は左下、という形です。

また3人の場合は、残った一色を他の三人が交互に置いていく形です。Aさん、Bさん、Cさんがそれぞれが自分の分を置いた後に、残った一色を最初にAさんが、次のターンではBさんが、その次のターンではCさんが置いていきます。・・・結構ややこしいですね、この3人ルールは^^;

ただ、ほかのプレーヤーがどんなふうにピースを配置してくるかを考えるのが楽しさの一つだと思うので、人数は多いほうがいい=4人がいいと思います。

Amazon.co.jpでチェック

Posted by 嶺美(れみ)