「エスケープルーム ザ・ゲーム」を謎クラ目線で書いてみました

ゲーム内容紹介1人, 2人, 3人, 4人, 5人, 60分以上, 謎解き・脱出

今回は、「エスケープルーム ザ・ゲーム」のご紹介です。
エスケープルーム パッケージ

謎解き系ボドゲ記事に関する前置き

※毎度おなじみの前置きとなりますが、お初の方に向け念のため書いています。また毎度おなじみなので、引用文扱いにしています

中の人が、ボドゲ歴よりも謎解き歴のほうが長い故、それを踏まえて他のボドゲとは違った形式で紹介記事を書いています。具体的には、5つの項目を設けて、項目ごとに数字で評価を付けています。項目は「物量」「難易度」「初心者おすすめ度」「ギミックの面白さ」「ボドゲらしさ」の5つです。各項目の意味は下の画像のようになっています。

また、主観に偏りすぎないように、「NAZOLET」という謎解きグッズを比較対象としています。(「NAZOLET」とは、主にルーム型の謎解きをメインコンテンツとしているなぞともカフェで販売されている、持ち帰り謎のこと。CDケースと同じ大きさのケースに歌詞カードサイズの冊子のみが入っているのが特徴。価格は1080円)

そうはいっても、あくまでいち個人の体感・プレイ感による評価ですので、その点を踏まえてご参考にして頂ければと思います。
なお、過去の謎解きボドゲ紹介記事はこちらです。

さてでは、本題へといきましょう。

スポンサーリンク

各項目の評価とその理由・解説

各項目の点数をグラフ化したものがこちらです。
エスケープルームグラフ

※注:このゲームは、1つで3つのシナリオが含まれています。そのためシナリオごとにつけています。以降の文中では「プリズンブレイク」=シナリオ1、「VIRUS(ウイルス)」=シナリオ2、「爆破予告」=シナリオ3と呼ぶことにします。

物量

謎の問題数、という視点で見れば、3つのシナリオ間では、差はほぼ感じられませんでした。前述の基準のものと比較した場合、同じ(普通くらい)か考え方次第ではやや少なくも感じます。ただ、情報量、という視点で見ると、シナリオ2は他のシナリオよりも若干多く感じましたね。それらを踏まえて、5,6,5としました。

難易度

少なくとも易しくはないです。前述の基準と比較した場合、全体で見るとさほど変わらない印象ですが、細かく見ると、多少の差はありますね。劇的に難しい!と感じるものはなかったですが、ややわかりづらく感じるものはありました。パッケージ側面に各シナリオの難易度が★で示されていますが、おそらくこれは、制限時間に対するクリア難易度という意味なので、私個人の謎そのものに対する難易度とは印象が異なります。私個人としては、シナリオ2が一番難しく感じました。ここではあくまで謎自体の難易度の点数としてつけて、6,7,6としました。

初心者おすすめ度

各シナリオ、問題ごとにちゃんとヒントカードが用意されていますので、その点は安心です。しかも意図せずヒントを見ないように、特定のものを使わないと見られないようになっています。その配慮はすごくいいなと思いましたし、そのモノも世界観を壊さないように作っているのも素敵だなと思いました。ただ、難易度の項目でも書きましたが、解き方がややわかりづらいものはありましたし、初心者さんには、とっかかり少なくない?と感じる部分はありました。のでそれら踏まえて、7,6,7としました。

ギミックの面白さ

結論から言うと、どのシナリオもすごく感動したり、めっちゃ珍しい!とか面白い!と言えるほどのギミックはなかったです。ただこれはあくまで『謎解きに慣れた人間』の感覚だということをお忘れなきよう。過去に色々解いてるとよほどのものと出会わないと目新しさがね(苦笑)3つともそんな印象なので差はほぼないんですが、しいていうなら、シナリオ3に関しては、1と2より若干珍しさを感じるものはあったので、その分の差をつけて、6,6,7としました。

ボドゲらしさ

物理、すなわち、コンポーネントの豊かさは半端ないですね。店頭などで実物を見たことがある人はわかると思いますが、箱が大きいです。その箱の約半分が、例の機械?を占めています。冒頭でこのゲームのパッケージの写真載せましたが、あれ下半分は中身がそのまま見えてるものとお考え下さい。クロノデコーダーという名称で呼ばれていますが、これがまぁ本当にリアルです。この道具を使わないと解けないし、解答の仕方も物理的なものを使います。スマホアプリのようなデジタルに頼る部分はほぼないので、これは文句なしの高得点です。ただ、満点をつけなかったのは、単三電池が必要だからです(笑)その分だけ減点しました。全シナリオ通してこの使い方は同じなんですが、一部内容の差で、シナリオ3がよりアナログらしさを感じたので、8,8,9としました。

その他所感

このエスケープルーム、なんといっても一番の特徴は、クロノデコーダーでしょう。実物の写真を載せようか本当に迷いましたが、ネタバレになるので外箱背面に載っている写真だけ載せますね。こんな感じのものです。
エスケープルーム パッケージ背面
これはご興味ある人はぜひ手に取ってみてほしいです。これ、スタートボタンを押すと、タイマーが動くんですけど、制限時間中、音も鳴っています。また、ヒントカードを見ていいタイミングの時間になると効果音で知らせてくれますし、答えの正誤判定も音ではっきりわかります。ラスト1分の効果音とかかなりドキドキものです。本格的なコンポーネントにより臨場感が半端ないですね。しいて難を挙げるなら、ちょっと効果音の音が大きいかなぁ。なのでプレーヤー以外の人がそばにいないときのほうがやりやすいです、きっと。あと、個人的にツボだったのは、シナリオ3(爆破予告)の終盤ですね。久しぶりにあれやったわぁ。これ以上ネタバレになるから言えないのがつらい(´・ω・`)プレイ済みの人はきっと意図するところがわかるはずです(笑)

今回私は一人でプレイしましたが、表記ではプレイ人数は5人まで。お家の人と協力して謎を解き明かすのも楽しいと思いますよ~気になる方はぜひお試しあれ♪

Posted by 嶺美(れみ)