ラブレター~生き残って姫に恋文を届けよう~

ゲーム内容紹介2人, 3人, 4人

今回ご紹介するのは「Love Letter」(ラブレター)です。

内容をざっくりと

  • 姫に恋文(ラブレター)を届けよう!というカードゲーム
  • ただし届けるには、ライバルたちを脱落させないといけません
  • 手番では、山札からカードを1枚引き、2枚になった手札のうち1枚を出すのみ
  • 出したカードの効果を処理したら、次の人に手番がうつる
  • 山札がなくなるか、一人だけが生き残ったらゲーム終了
    山札がなくなった場合は、残っている人の中でカードの数字が一番大きい人が勝ち
スポンサーリンク

もうちょっと詳しく

ゲームの準備

カード16枚をよくシャッフルし、山札にします。そこから一番上の一枚を伏せたままわきによけておきます。その後各プレーヤーは山札から1枚ずつ引いて手札とし、準備完了です。こんな感じになります。

(※なお、二人プレイの場合は、1枚を伏せて除外した後に、さらに3枚をこちらは表向きにして並べておきます。これらを推理の手がかりとします)

ゲームの流れ

手番が来たら行うことは

  1. 山札から1枚引く
  2. 2枚(持っていた1枚と今引いた1枚)のうち、どちらか1枚を出す
  3. 出したカードの処理を行う

という3つです。出したカードは自分の前に表向きにして、出した順番がわかるように並べていきます。

これを最初のプレーヤーから時計回りに繰り返していきます。山札がなくなるか、誰か1人だけが生き残った状態になれば、ゲームは終了です。山札がなくなった場合の勝敗は、その時持っていたカードの強さ(後述)によって判定され、カードが一番強かった人が勝ちです。もしくは、最後まで生き残った人が勝ちになります。

カードの強さと効果に関して

このゲームのカードには、「強さ」と「効果」があります。強さはカード左上に書かれている数字です。つまり、数字が大きい方が強いことになります。

効果に関しては以下の通りです。下に行くほど数字が大きい=強いカードになっています。※ここでは、基本カードのみ触れています。

  1. 兵士
    誰か一人に、キャラの宣言し合っていたらその相手を脱落させる
    ※ただしこの時「兵士」は言えない。また相手は当たっていたら脱落するが当たっていなければ公開する必要はない
     
  2. 道化
    誰か一人の手札を見る
     
  3. 騎士
    誰か一人の手札と自分の手札を比較し、強さ(数字)の小さいほうが脱落
    ※同じだった場合は何も起こらない
     
  4. 僧侶
    次の自分の手番まで自分への効果を無効にする
     
  5. 魔術師
    自分、もしくは誰か一人の手札を捨て札にし、山札から1枚引く
    ※この時捨て札になったカードの効果は起こらない
     
  6. 将軍
    誰か一人の手札と交換する
     
  7. 大臣
    持っていたカードと引いたカードの合計が12以上になったら脱落
    =自分が大臣(7)を持っている状態で、山札から強さ5以上を引いたら、合計が12以上になるので脱落。逆に、強さ5以上のカードを持っている状態で山札から大臣を引いてしまっても脱落になる
     

  8. このカードを捨てたら脱落

プレイのコツを感想を交えながら

定番とされるゲームの一つですね。ですが、正直なところ、個人的には最初は良い印象はありませんでした。なぜなら初プレイの初手か2ターン目にして、大臣を引いて自滅してしまったからです(笑)慣れれば、このゲームではよくあることとして笑い話と受け入れられますが、最初はそれを知らなかったので、はぁっ!?ってなりました。確かにルールもシンプルでプレイ時間も短く終わるので気軽に遊べるものかもしれません。が、そんな経験があるので、特に初心者さんの場合、イマイチよくわからずに終わる、というケースもあると思います。

多分、このゲームの面白さは回数を繰り返して慣れてからこそわかる気がします。というのも他のプレーヤーのカードの予想ができないと、脱落させられないからです。例えばこんな場合、

前述の準備をすませて、このような状態です。最初の手番は手前側のCさんです。まず山札から1枚引きました。

引いてきたのは大臣でした。(ちなみにこの時手札の合計は12以上だったら、即座にCさんは脱落していましたが、今回それは免れました)そこでCさんは、騎士のカードを使うことにしました。

騎士のカードは誰か一人の手札と強さを比較することです。CさんはBさんとカードの強さを比較することにしました。カードを交換しお互いのカードの強さを確認します。

相手(Bさん)のカードは魔術師でした。数字が小さい方が脱落するので、この場合Bさんは脱落になります。

さて、問題はここからです。BさんとCさんのやりとりを見ていたAさんは、Cさんの手札にあるカードが何か、予想がついたのです。カードの内訳を見てみましょう。

魔術師のカードで強さ比べをして負けるということは、Cさんの持っているカードが魔術師よりも強い(大きい)ことになります。魔術師よりも強いカードは3枚しかないので、そのうちのいずれか、というところまで絞れるのです。

・・・という具合に、こういった推測が短時間で瞬時にできるようになってからのほうが、断然楽しいと思います。ただ最初のうちは、もしくはゲーム慣れしていない人は、そこまで気づけない場合も多々あると思います。そうすると遊んでもつかみどころがわからず、面白さが伝わらずに終わりそうな気がするんです。だからとにかくたくさんプレイするか、もしくは他のゲームもいっぱい遊んでゲーム慣れしている人のほうが、こういったポイントに気づけて面白さがわかると思います。

実は中級者のほうが楽しめるカードゲームです。基本の他にもさらに様々な役職カードがありますので、慣れてきたらそういったカードに変えて楽しむこともできますよー。

Posted by 嶺美(れみ)