メトロックス~路線図をマルで埋め尽くせ!~

2019年3月15日ゲーム内容紹介2人, 5人, 6人, 3人, 4人, 1人

今回ご紹介するのは、メトロックスです。

内容をざっくりと

  • 路線図のシートに○を書き込んでいく紙ペンゲーム
  • カードで指定された数の分だけ〇を書くのを各自一斉に行う
  • 書くときは原則1つの路線に左詰めで書く
  • ただし交差などですでに〇が書かれている箇所は飛ばして書けない(例外カードあり)
  • 1路線全部埋まったらボーナス点獲得
  • その他特殊カードによる点数要素もあり
  • 規定回数分行ったらゲーム終了
  • 終了時、空白マスがあったら数に応じて失点も
  • 一番点数が高かった人が勝ち
  • ※最後に追加マップの話も書いてます!
スポンサーリンク

もうちょっと詳しく

ゲームの準備

各プレーヤーにシートと書くものを配ります。場にはカードをシャッフルして伏せて山札とします。これで準備は完了です。

ゲームの流れ

山札を1枚めくり、それに書かれた内容に応じて、全員が各自シートに一斉に書き込んでいきます。これを繰り返していきます。カードによって細かい部分が異なります。

【数字(〇なし)】

通常の数字カードの場合は、指定された数字をいずれかの路線の左端にある二重枠の四角に左詰めで書きます。そのうえで、その路線で空いてるマスの一番左から順に〇を書き込んでいきます。例えば下の画像の場合、

副都心線のところに書くことにしました。副都心線の左端にある二重枠に「3」と書き込み、数の分だけ丸を空いているマスの一番左から順に書いていきます。「空いているマスの一番左から」なので、例えば

先の画像の続きで、次のカードで有楽町線のほうに書きこむことにしました。この場合、「空いているマスの一番左」は、赤枠の箇所になります。なのでそこから順に書いていきます。

注意しなければいけないのは、すでに〇が書かれている枠を飛び越えて書き込むことはできません。例えば、

半蔵門線に「3」と書き込みました。この場合、先のカードで千代田線を書き進めていたので、赤枠の部分にすでに〇があります。ここを越えて〇を書くことはできません。そのため、手前で止まってしまい、本来3個書けるところを、1個しか書けなくなってしまいました。

また、「6」のカードが出てきた場合は、カードに書かれている通り、リシャッフル(山札と捨て札を全部まとめてシャッフル)して新たな山札を作ります。

【数字(〇あり)】

丸の付いている数字は前述のついていない数字と異なり、本来飛ばして書けないところを飛ばして書けるというものです。ただし、2と3しかありません。
例えば、下記のような場合

通常の3であれば、赤丸の部分で止まってしまうため、2個しか書けず1個分損になります。ですが、丸付きの3なら、既存の丸を飛ばして続けられるため、その次以降のところまで書くことが可能です。

【星印】

☆のカードは交差点ボーナスを得るカードです。その路線の中で、空いているマスの一番左側の枠に丸ではなくボーナス点を書き込みます。ボーナス点は通っている路線の数の2倍です。下記のような場合、

丸の内線に☆を書くことにしました。この時、空いている一番左のマスは、ちょうどクロスしているマスでした。このマスは2路線通っているので、書き込む数字は倍の4となります。

【フリー】

フリーは、任意の場所に1つマルを書くことができます。「任意の場所」なので、

空いている一番左である必要はありません。またこのカードの時のみ、二重枠に書き込む必要もありません。

1路線のマスが全て埋まったら、ボーナス点を得ることができます。最初にその路線を完成させた人が王冠に書かれているボーナス点を獲得します。その後に完成させた人は、グレーに書かれた点数を獲得します。

二重枠が全て埋まったら、ゲーム終了です。終了したら、得点計算に移ります。

点数計算

得点要素は路線の完成ボーナスと交差点ボーナスです。ただし、終了時に空きマスがあった場合、その数に応じて失点があります。それらを計算して一番点数が高かった人が勝ちです。

感想をいろいろと

紙ペンゲームの中でもお気に入りのゲームです。ダイスの出目を選ぶタイプとはまたちょっと違ったプレイ感です。どこを優先して埋めようか、とか、交差点ボーナスのために残しておいたほうがいいのか、とか、迷うポイントは常にあります。ただどんなに考えてもカードが出てくる順番次第では、まだそこまで埋まっていないのに容赦なく終わってしまうことも。いい感じで運要素があったりもします。

最初に発売されたのは去年のゲムマだったのですが、先日のゲムマ大阪で追加マップが発売されたので、それを受けてこれを書くことにしました。基本セットが出た時から、マップは東京と大阪だけなのかぁ、名古屋の路線図でやりたいなぁ(・ω・`)ってずっと思ってました。だから今回のゲムマ大阪で追加マップが出ると知った時には、速攻で買う!!!って決めてました。ゲムマ自体には行けなかったのですが、ゲムマ当日には、イエサブさんの店頭に並んでいたので、思ったより早くにゲットすることができました。

ということで、ここからは拡張を絡めたお話です。この追加マップには、

「仙台」「博多(福岡)」「名古屋」の3種類が含まれています。名古屋マップを待ち望んでた私としては早速名古屋マップでソロプレイしてみます。ワクワクしながら1枚用意すると・・・

んん!?地下鉄じゃない路線が含まれてますけど!?説明書によれば、ANはあおなみ線、Yはゆとりーとライン、Lはリニモだそうです。ちょっとローカルな話になってしまいますが、あおなみ線は地上を走る私鉄で、リニモはリニアモーターカー、ゆとりーとラインに至っては専用道路を走るバスです。地下鉄だけじゃ路線の数が少なくてゲームとしては微妙だったってことかな。名古屋人としてはとても複雑な心境ですが、気持ちを切り替えてプレイ。その結果がこちらです。

カードの引きが悪すぎて、空きマスめっちゃできちゃった(´・ω・`)悔しい。引きだけのせいじゃないかもしれないけど。近いうちにまたリベンジしようと思います。

路線図好きにはたまらないゲームです。手帳の末尾についている路線図を眺めるのが好きな人にはきっと楽しいと思います!

Amazon.co.jpでチェック
メトロックス
  • OKAZU Brand
  • 価格   ¥ 2,376
  • 販売者 Amazon.co.jp
メトロックス追加マップ集
  • OKAZU Brand
  • 価格   ¥ 1,620
  • 販売者 Amazon.co.jp

Posted by 嶺美(れみ)