【プレイレポート】ネコは上にのる

今回ご紹介するのは十式ゲームワークスさんの「ネコは上にのる」です。

内容をざっくりと

  • 手札をあるルールにそって、場に出していくゲーム
  • あるルールというのは「数字が昇順、もしくは、降順になるように置く」ということ
  • 手札をより早くなくした方が、有利(勝ちではない)
  • 最終的な得点は、自分の場に置かれたカードの枚数(手札を最初になくした人には、プラスボーナス点)
スポンサードリンク

もうちょっと詳しく

まず準備として、手札を6枚ずつ配ります。その後、スタートプレーヤーから時計回りに手札から1枚ずつ場に出し、4枚のカードを十字になるように置きます。なお、最終的には、自分の前に置かれたカードの枚数が、自分の得点になります。最後に、スタートプレーヤーの場のカードにネコチップを置いて準備完了です。

このゲーム、とても変わっているので、ここから先は具体例を出しながら書いていこうと思います。まずは準備を終えてゲーム開始時点で下記画像の状態だったとします。

Aさんがスタートプレーヤーなので、Aさんのところにネコチップが置かれています。

手番で行うことは、手札を出すか、パスをするかのどちらかです。手札を出すときのルールは

  • ネコチップのあるところには置けない
  • 自分がカードを置いた後、3枚のカードが昇順(小→大)もしくは降順(大→小)になるように置く

ということです。昇順・降順のルールがあるので、置いた後、同じ数字が複数枚になるような形では置けないということになります。また、場と手札の状況によっては、どうやってもカードが出せないという状況にもなります。その場合は必然的にパスをすることになります。なお、意図的にパスすることも可能です。

先の画像の状態をみると、BさんとDさんの場所に置くなら、7もしくは8が置けます。Cさんのところに置けるカードは4のみです。これらを踏まえて、Aさんは、Bさんのところに8を出しました。ネコチップはカードを置いたところに移動するので、こうなります。

手番は時計回りにうつるので、次はBさんの番です。この場合、Dさんのところにはなにも置けませんが、Cさん、Aさんのところには、4以下のカードなら置けます。結局Bさんは、Aさんのところに1を置きました。そうすると、ネコチップは再度Aさんのところに移動して、次のようになります。

次はCさんの番です。手札さえあれば、3か所とも何か置ける状態です。(=置けないというものがない)ラッキーなことにCさんは7を持っていたので、それを自分の前のところに置きました。そのほうが自分の得点になるからです。そうすると、次はこうなります。

この並びだとDさんは、Aさんのところにしか置けません(置けるカードは6もしくは7)しかし、6も7も持っていなかったので、「パス」をしました。なお、パスをしてもネコチップは移動します。その場合は、左隣に動きますので、この場合はこうなります。

こんな感じで進めていき、一番最初に手札をなくした人が、ネコチップを自分の前の場に持ってきて、そのラウンドは終了です。基本的にはカードの枚数が点数ですが、ネコチップは2点です。つまり、早くなくした人は2点ボーナスをもらえるということになります。人数分ラウンドを行い、ゲーム終了です。一番得点の高かった人が勝ちです。

感想を色々と

取説読んだ直後の第一印象は、変わってるなー、でした。文字を読んでるだけでは、イマイチ想像がしづらかったんです。でも、やってみると、面白い!ルールは至ってシンプルで、難しくないから、確かにこれなら小さい子でも遊べそう。1回にかかる時間が短い分、繰り返しやりたくなります。ルール上、プレーヤーの人数分遊んだらゲーム終了ですが、4人分(つまり4回)やってもさほど長くかからないと思います。ヘビーじゃないから気軽に取り組めますね。カードのイラストも、ネコちゃんが、いい意味でゆる~い感じなので、そういった意味でもとっつきやすい雰囲気です。

最初の手札の運に左右される部分はありますが、慣れてきたら、場に出されたカードが、何が何枚だったかを記憶しながらやると、ちょっと戦略的な感じになるかも。カードの内訳が、1~8、各3枚ずつとそれほど多くないので、全部は無理でも、断片的にならそれができそう。取説の補足説明には、ゲームに支障のない範囲でメモを取るなどしてもいいでしょう、とありますが、この手のゲームが得意な大人の方は、ぜひ頭の中のみでカウンティングしてみてはいかがでしょうか?

簡単お手軽。繰り返してても重くない、ゆるっとライトなゲームです。気構えずに遊びたい時にいいかも。


PAGE TOP