スポンサードリンク

【プレイレポート】ポコン!

ゲムマ2017春の新作のプレイ感想。今回は、するめデイズさんの「ポコン!」です。

内容をざっくりと

  • リバーシ(オセロ)の進化形。
  • だから基本は2人用のゲーム(もしくは2人組×2チームの合計4人)。
  • タヌキ側とキツネ側に分かれて対戦。
  • それぞれのタイルの枚数は12枚。そのうち4枚が両面とも同じタイル(=裏返しても変わらないタイル)
  • 裏返しても変わらないタイルを、どのタイミングで、どこに置くかがポイント
  • 最終的に多く表に出ている面が多いほうが勝ち。なお、先手側のほうが不利なため、その分のハンデを含めて計算する。

内容は最初の一言に尽きます。リバーシ(オセロ)の進化形です。だからルールは超シンプルです。手番でやることも基本的には変わりません。初期配置も同じで、自分のタイルを対角線上になるように二つずつ置きます。そのあとは交互に1枚ずつ置きます。置くときは、相手のタイルを1枚以上挟むようにしておかなければいけません。タテ、ヨコ、ナナメのいずれかで挟んで置いたら、挟まれたタイルをめくります。

ここが大きなポイント!

違うのはここからです。まず、タイルをめくる順番が決まっています。必ず、置いたタイル側からめくっていきます。(逆側からとか、真ん中からはだめ)また2方向以上にめくれる場合は、必ずどちらの方向からめくるかを宣言し、その方向をすべてめくってからもう一方の方向をめくります。だから複数の方向にめくれるからって、同時に一気にめくり始めちゃだめです。(オセロとかやるとき、時間効率あげるために、一気にやったりすることあるけど。それはダメです。)

そして一番の重要ポイント。めくっていく中で、裏返しても変わらなかった場合、その時点で即手番が終了し、相手の手番になります。

裏返しても変わらないタイル(タヌキ側は「ポンポン」、キツネ側は「コンコン」と言い、合わせて「ダミーパネル」と言います。)をそれぞれ4枚ずつ持っています(二人プレイの場合)どこに、どのタイミングで置くかは自由です。取説にもありますが、初期配置で置いてもかまいません。

また、これも取説にコツとして書かれていますが、長い直線の端にダミーパネルを置くと効果的です。なぜなら、たくさんめくるつもりで相手がその隣に置いた場合、いざめくってもダミーパネルがガードとなり、たくさん変わることを避けられるからです。そういった手を読んでかわしながら、上手にタイルを置いて面を変えていくと数が稼げます。(←経験談、後述)

感想を色々と

いや~楽しかった!何が楽しいって、自分のダミーパネルにうまく相手が引っかかってくれた時のニヤリ( ̄ー ̄)感がハンパないです(笑)おかげで2戦2勝しました。先手でも後手でも勝ちました。(先の写真と、もう一回がこちら)

なんていうのかな。ありそうでなかった感じ、ですね。誰しもやったことがあるであろうオセロがちょっと変わるだけでこんなに面白くなるのか!という感じです。内容とビジュアル両方ともが直感的に気になって買ったけど、間違いなかった!という感じ。

中身がタイルのみなので、ボードになるものがありません。写真のように直置きで上手に並べて置いていくことになります。別にそれでも十分楽しめるけど、個人的には、ボードになるものがほしいですね(笑)でもあくまで個人の好みや気分によるところだと思います。基本見た目気にしちゃうタチだから、私は。ボードっぽいものがあったほうがビジュアルのグレードがあがるなぁって(笑)

でも、タイルだけでも十分かわいいです。タヌキもキツネもなんとも可愛らしい♪箱絵のタヌキとキツネをもう少しデフォルメした感じで書いてある印象。でも箱絵もかわいいです。箱絵のキツネがズー●ピアのニックに見えてしょうがないのは私だけですかね?(笑)

※2017年6月30日 以下追記
盤面がないことに関して、後日作者さんがツイッターでその理由を教えてくださいました。どこでも遊べるようにパッケージをコンパクトにするため。もう一つは、角がないことで自由にいろんな場所や方向にタイルを置けるようにするため、だそうです。前者の理由はなんとなく見当がついていたんですが、後者の理由は、なるほど!と思いました。確かにこれなら、タイルの広がる方向が偏っても置けなくなるってことはないですもんね。さすが、奥が深い・・。

また、後日同じ人ともう1戦行いました。さすがに2回遊んでいるので、お互いかなり、相手がどこにダミーパネルを置いているか、予想しながら、少しでも引っかからないようにパネルを置いていきます。私、この時は後手だったんですが、先手側のハンディをものともせずに、また勝ちました(笑)どうやらゲームとの相性がいいようです、私。

各々12枚のパネルのうち、4枚がダミーパネルなので、割合としては結構多いほうだと思います。そうすると、あんまり出し惜しみしてたり、使うのを遅らせてしまうと、相手が引っ掛かるチャンスが少なくなってしまいます。その辺も考慮して、結構早い段階から使うのもアリなのかなぁ、とも思いました。(それでも初期配置に使う勇気はなかなかないですね、私は^^;)

4人プレイの場合、2人×2チームのチーム戦になります。それぞれ2枚ずつダミーパネルを持って、味方同士が向かい合うように座って行います。・・・ということは、事実上相談はできないってことですね。相手がどこに置くかだけでなく、味方がどこに置いているかも考えながら置いていくことになるかも。それも面白そうだなぁ。次遊ぶときは、このチーム戦も試してみたいと思います。
追記ここまで

誰でも簡単に理解して楽しめて、何度でもやりたくなる感じ。すごくオススメです♪


PAGE TOP