SAKURA(サクラ)~帝に一番近づけるのは誰だ!?~

ゲーム内容紹介2人, 5人, 6人, 3人, 4人

今回ご紹介するのは「SAKURA」(サクラ)です。

内容をざっくりと

  • 帝の姿の絵を描くために近づこう!という位置取りゲーム
  • カードのオーダー番号順に、効果(アクション)を処理
  • カードに従い、帝や画家(プレーヤー)のコマを移動
  • 帝に近いほど、トークンを多く獲得できる(得点は高くなる)
  • ただし、帝にぶつかるとペナルティとして後退させられる
  • ゲーム終了までに、中間時点で2回、最後に1回の計3回得点計算を行う
  • 最終的にトークンが多かった(点数が高かった)人が勝ち
スポンサーリンク

もうちょっと詳しく

ゲームの準備

まず、プレーヤーカラーを決めて担当する色を決めます。決めたら、該当するトークンを手元に置いておきます。場には、ボードと帝のコマ、画家のコマ、共通トークンを用意します。帝は鳥居に、画家は門の位置に置きます(ボード左上の赤いものが鳥居で、左下にあるのが門です)共通トークンは脇に置いておきます。また、カードをシャッフルし、各プレーヤーに5枚ずつ配ります。ここまで準備が完了するとこんな感じになります。

ゲームの流れ

手順としては以下の通りです。

  1. 手札の中から1枚選んで、伏せて出す
  2. 出したカードを一斉に公開
  3. カードのオーダー番号の小さい順に、効果を処理してコマを移動
  4. 手札を補充

これを繰り返していきます。

カードには、左下にオーダー番号、左上にアクションが書かれています。

アクションは御所アクションと画家アクションの2つあります。御所アクションは帝や、帝を基準にして一番近い(もしくは遠い)画家を動かすものです。画家アクションは自分のコマを動かすものです。

出されたカードの中で、オーダー番号が小さいものから順にアクションを処理してコマを移動させます。例えばこの場合、

オーダー番号が一番小さいのは、白が出した5ですので、5のカードのアクションから処理をします。この時、アクションは、御所アクション→画家アクションの順で処理を行います。プラスは前進で、マイナスは後退です。プラスマイナスがついているものは、どちらか選ぶことができます。先の例ですと、まず帝を1つ前に進め、その後画家アクションではプラスを選択して2つ前に進めました。こうなります。

なお、橋は4人までは1マスと数え、5、6人プレイの場合は3マスと数えます。また、移動させる際、すでに画家のいるマスは数えずに飛ばして移動します。上の続きですと、次に処理するカードは緑が出した8のカードです。画家アクションで自分のコマを動かしますが、すでに白のコマが橋の上にいますので、そこを飛ばして数えます。するとこうなります。

上記の要領で進めていきます。

移動の際、すでに画家のいるところには止まれません(数えません)が、帝のマスは数えます。そのため、移動の際に帝にぶつかる可能性があります。例えば、以下のような状況だったとします。

この状態で、黒のカードのアクションをした場合、帝から一番遠い画家を2マス前進させ、さらに自分(黒)のコマを3マス移動させます。すると・・

こうして、帝にぶつかってしまいます。帝にぶつかった場合、ペナルティとして3マス後退させられます。結果、こうなります。

そのうえ、1つトークンを失います。なお、帝が移動した際に、画家のいるマスに進んできた場合(帝のほうからぶつかられた場合)も、画家は同様のペナルティを受けます。

移動によって、帝が桜の木のマスに止まった場合、トークンの獲得(得点計算)処理を行います。桜のマスへの移動が発生したカードの画家アクションまで処理を行ったら、画家の各位置を確認します。この時、まだ処理されていないカードがあってもそれらは処理を行わずに流れます。各位置を確認したら、帝に一番近い画家は3つ、2番目に近い画家は2つ、3番目に近い画家は1つ、トークンを受け取ります。(5、6人プレイの場合は4番目に近い画家も1つ受け取ります。)

以上の要領で進めていき、最後の桜の木のマスに帝が止まったら、そのカードの処理とトークンの獲得処理を行ってゲーム終了です。

感想をいろいろと

ゲーム中の処理や作業は、一見地味です^^;人によっては淡々としているふうに思うかもしれません。でも地味な中にも、悩ましさや駆け引き・ジレンマの要素が含まれています。そのポイントとなるのが、カードのオーダー番号です。自分のカードの処理が早く行われることを想定して出したら、予想よりも後になってしまって、想定とは違う位置に動いてしまう、という場面もこのゲームでは多々発生します。また、帝をあえて後退させることで、他の画家とぶつからせて、他の人の邪魔をするということもできたりします。オーダー番号次第で、想定外の展開になることもあるのが、とても楽しいです。

ただ、一見地味なのが少し寂しいと思う方は、ちょっとしたロールプレイをしながらゲームを進めるのもまた一興です。以前遊んだときの記事でも少し触れましたが(こちらです↓)

帝っぽい口調・語尾でしゃべりながらプレイすると、笑いが起きて盛り上がること請け合いです。ただし、誤解してほしくないのは、プレーヤーは帝を描きたい「画家」だということです。だから画家になった気分で話しながら進めるのが正しいんですけどね。でも盛り上がるのは帝になりきる方です(笑)すごく矛盾していますけどね

最初、箱絵やコンポーネントのビジュアルと、作者がクニツィア氏ということでとても気になっていた作品だったのですが、バネスト店頭で、中野さんから「ドラゴンパレードを改編・リメイクしたもの」と聞いて、納得しました。ドラゴンパレードも面白いんですが、これもいいですね~♪

静かなプレイ進行だけど、熱く面白い展開のうまれるゲームです。皆さんもぜひ遊んでみてくださいー。

Posted by 嶺美(れみ)