宝石の煌き(Splendor)~宝石を買って点数を稼ごう~

ゲーム内容紹介

今回ご紹介するのは、宝石の煌き(Splendor)です。

内容をざっくりと

  • 宝石商になって宝石を上手にやりくりして点数を稼ぐゲーム
  • 手番でできることは3択のうちの一つだけ
  • 購入した発展カードのおかげでさらに高いカードをお安く買えます
  • たくさん買えば、貴族が飛んできてくれます
  • 最終的に誰かが15点取ったらそのラウンドで終了。点数が高い人が勝ち
スポンサーリンク

もうちょっと詳しく

ゲームの準備

中央の場に、各色の宝石トークンと、各レベルの発展カード、黄金トークン、貴族タイルを並べます。宝石トークンの数はプレイ人数によって異なります。貴族タイルはプレイ人数+1枚になります。発展カードはレベルごとに並べそれぞれ4枚ずつ公開した状態で、残りは山札として置いておきます。これらの準備が終わるとこんな感じになります(下図は4人プレイの場合です。)

ゲームの流れ

プレーヤーが手番でできることは、下記3つのうちの1つだけです。

  • 宝石トークンを取る
  • 発展カードを買う
  • 発展カードを予約する

「宝石トークンを取る」場合は、違う色を3枚か、同じ色を2枚か、のどちらかの取り方をします。(例えば、赤1枚、青1枚、黒1枚の計3枚か、もしくは、赤2枚、のどちらか)ただし、同じ色を2枚取る場合は、場にあるその色の残数が4枚以上の時しかできません。また、トークンを持てる上限は10枚までです。その上限に黄金トークン(後述)の枚数も含まれます。

「発展カードを買う」場合は、カードの左下に書かれたコスト分だけ、手持ちのトークンから支払って買うことができます。この時、すでに該当する色の発展カードを持っている場合は、トークンの代わりに数えることができ、その分支払うべきトークンが減ります。具体的に例を2つ見てみましょう。まずはこちら。

1番右側のカードを買いたいとします。必要コストはと青、緑、赤、黒が1個ずつです。カードを持っていなければ、その分トークンから支払うことになります。ですが、この時に青と緑のカードをすでに持っていた場合、

このカードをトークンの代わりとして数えることができ、支払うべきトークンが赤と黒だけになります。さらにもう一つ、下図の場合。

左から2枚目のカードを買いたいとします。必要コストは緑3個ですので、3個トークンを払います。が、この時、すでに緑のカードを1枚持っていた場合、

このカードで1個分を数えることができます。よって、支払うトークンは2つだけになります。こうして購入したカードは、自分の前に色別に表向きに並べて置きます。

「発展カードを予約する」場合は、その旨宣言して1枚だけコストを支払わずに手元に確保しておきます。場に出ているものから1枚か、もしくは山札から1枚取るということも可能です。以降の手番で必要分のコストを支払って購入することができます。また、この予約の時だけ、黄金トークンを獲得することができます。黄金トークンはどの色の宝石トークンの代わりにもなる、オールマイティーなトークンです。以降の手番で、カードを買うときに使うことができます。予約したカードに限らず他のカードを購入する際に使ってもかまいません。なお、予約できるカードの枚数は3枚までです。

発展カードを指定の枚数分集めると、貴族タイルを獲得できます。発展カードの枚数が複数の貴族タイルの条件に該当しても、1手番で獲得できるのは1枚だけです。ただし以降の手番で(残っていれば)2枚目の貴族タイルを獲得することは可能です。

これらを繰り返して威信ポイント(=勝利点)を獲得していきます。カード左上に書かれた数字が威信ポイントです。この得点が、誰かが15点になったら、そのラウンドで終了になります。例えば4人プレイで2番目の人が15点獲得した場合、3番目、4番目の人が手番を行って終了になります(=1番目の人に手番は回りません)ゲーム終了時、点数が一番高かった人が勝ちです。なお、複数人いた場合は、発展カードの枚数が少ないほうが勝ちになります。

感想をいろいろと

とても有名で定番で人気の作品ですね。手番でできることが3択のうちの1つだけですし、感覚としては「お買い物」に近いんですよね。宝石トークンがお金の代わりで、発展カードはそのトークンの代わりになること、買った発展カードは減ることはなく、結果支払うべきお金が減る、ということがわかればそこまで難しくないと思います。だから序盤に多くレベルの低い発展カードを集めたいところですが、あまりそれをやってしまうと他の人よりも手が遅くなってしまいます。そのため、上手に発展カードを買い集めて効率的に高いランクのカードを買えるかがポイントになります。

また、買い集めた発展カードは公開情報なので、次に誰が何を狙っているか、というのを予想することもできます。それを踏まえたうえで、「発展カードを予約」という方法を使って、相手が欲しそうなカードを取って邪魔をする、ということもできます。私自身それをしたこともされたこともありますね(笑)ちなみに、この予約に関して、取説では手札として持つことができる、という表現のため、非公開という文言では書かれていません。が、自分は非公開で伏せておくと教えてもらい、多分そのほうが、すでに購入済みのカードと区別しやすいので、予約したカードは伏せておくことを推奨します。

あと個人的に気に入っているのがコンポーネントです。トークンがいい感じにちょっと重みがあるんですよね。これが好き(*´▽`*)そして、もう一つ。プレイマットです。※これは商品には含まれていません。誤解なきよう。

私はネットで見つけて買いましたが多分そうそう出回っているものではないと思います。これ、見た目もいいんですが、機能的にも便利なんです。どれをどこに置けばいいか一目でわかるし、しかもトークンに関しては、ちゃんと何人の時にいくつって書いてあるんです。紙のカードは机にじかに置くと取りにくかったりするのですが、こうしたマットの上に置くとそれがなくなるんですよね。

適度なボリュームと難易度で、安定の面白さ。それが宝石の煌きだと思います。拡張を入れても楽しいですよ♪

No tags for this post.

Posted by 嶺美(れみ)