サニーデイ~タイルを置いて絵を完成させよう~

ゲーム内容紹介2人, 5人, 3人, 4人

今回ご紹介するのは「サニーデイ」です

内容をざっくりと

  • 絵ができるようにタイルを置いてタイルを取ろう!というゲーム
  • 手番では、手札のタイルを、場にある既存のタイルに接するように配置
  • この時、接するだけではなく、絵が最低一つは成立しないといけない
  • タイルが置けたら、元から場にあったタイルのうち絵が成立した箇所のタイルを獲得
  • 手札を補充し、獲得したタイルは自分の前に配置。この時も一つは必ず絵が成立するように
  • 山札も手札も全部なくなったらゲーム終了
  • タイルの獲得枚数と成立している絵の数とボーナスチップの合計が点数で、一番高かった人が勝ち
スポンサーリンク

もうちょっと詳しく

ゲームの準備

場に5×6の形で表向きにタイルを並べます。各プレーヤーは手札として2枚受け取り、残りは山札になります。山札のそばにはボーナスチップを裏向きで置いておきます。全部準備できるとこんな感じです。

ゲームの流れ

手番が来たら行うことは、次の3つです。

  1. タイルを置いて、タイルを獲得
  2. 手札が2枚になるように補充
  3. 獲得したタイルを自分の前に配置

タイルを置いて、獲得するアクションに関しては、注意する点があります。少なくとも1辺は既存のタイルに接し、絵が完成しなければいけません。配置したら、絵が完成した箇所の、元からあった方のタイルを獲得します。例えば下の図の場合、

手札から、クローバーの絵が成立するように、Aのタイルを図の位置に置いたとします。この場合、元々場にあったほうのBのタイルを獲得することができます。また、次の図のように

Aのタイルを配置し、パラソルと風車の絵を成立させました。すると、BとCの2枚を獲得することができます。

また、成立した絵が、アイスもしくは太陽だった場合は、ボーナスチップを獲得することができます。このボーナスチップは、0点、1点、2点の三種類ありますが、どれが獲得できるかはランダムです。ゲーム終了時の得点計算時に公開します。

獲得したタイルを自分の前に配置する際も、少なくとも一つは絵を成立させる必要があります。一つも絵が成立しない場合は、そのタイルは破棄になります。配置したタイルを後から動かしたり向きを変えることはできません。

山札がなくなった後、全員の手札がなくなるまで続行します。手札もなくなったらゲーム終了で、得点計算を行います。点数は「自分の前に配置したタイルの枚数」+「成立している絵の数」+「ボーナスチップの点数」です。一番点数の高かった人が勝ちです。

感想をいろいろと

一部界隈では、異常な普及率を誇っているサニーデイです(笑)でもそのくらい面白いのは間違いないです。ルールがとてもシンプルなので、分かりやすく覚えやすいです。プレイ時間もそこまで長くはかかりません。またイラストが可愛いので、低年齢層や女性もとっつきやすいと思います。タイルの厚さや持った感触もいいんですよね~。

でも、シンプルな中にも考えるポイントはあります。高得点を狙うには、1回の手番で複数枚のタイルを取る必要があります。複数枚取るにはどこにタイルを置いたらいいだろう。2枚の手札のうち、どちらを使ってどう置こう。と、考えるのがとても楽しいです。手番が回ってくる間にも、場のタイルの状況は少しずつ変わるので、「あー、そこ置かれたー><」「狙ってたのにー」といった叫び声もよく聞かれます。うまくハマって一度に3枚とか取れると、とても気持ちがいいです。適度に悩んでうまくいった時の気持ちよさが、個人的にはとても好きで、卓の皆様が許してくれるなら、連戦したくなります。

ほどよく悩むのがとても楽しいタイル配置ゲームです。おすすめなので、皆様もぜひ♪(書いてたらまたやりたくなっちゃった・・)

Posted by 嶺美(れみ)