「UNLOCK! シークレットアドベンチャー」を謎クラ目線で書いてみました

ゲーム内容紹介2人, 5人, 6人, 3人, 4人, 1人, 謎解き・脱出

久しぶりに謎解き系のボドゲをご紹介。今回は、「UNLOCK! シークレットアドベンチャー」です。

中の人が、ボドゲ歴より謎解き歴のほうが長い故、謎解き系のボドゲに関しては、他のボドゲとは違った形で書いています。具体的には、こんな感じです。


ということで、今作も同様に書いていきます。

評価項目は5つ

過去記事同様に、比較対象をなぞともカフェで発売されている「NAZOLET」(ナゾレット)全般として、それと比べて各項目で評価を付けています。10段階評価とし、比較対象と同じくらいなら5としています。※やや主観も含まれるかもしれませんが、一個人の意見としお読みください。

「NAZOLET」とは、主にルーム型の謎解きをメインコンテンツとしているなぞともカフェで販売されている、持ち帰り謎のこと。CDケースと同じ大きさのケースに歌詞カードサイズの冊子のみが入っているのが特徴。価格は1080円

※なおこのゲームは、1つで3つのシナリオが含まれています。そのためシナリオごとにつけています。以降、「ノーサイド物語」=シナリオ1、「ツームストーン急行」=シナリオ2、「オズの冒険者たち」=シナリオ3と呼ぶことにします。

  • 物量
    問題の数が多いか少ないか(少ない 1←→10 多い)
  • 難易度
    問題が簡単か難しいか(簡単 1←→10 難しい)
  • 初心者おすすめ度
    謎解きに慣れない初心者でも遊びやすいと勧められるか
    (解き筋がわかりやすいか、ヒントが用意されているかなど)(微妙 1←→10 おすすめ)
  • ギミックの面白さ
    問題の仕掛けやギミックが面白いか(よくある・定番 1←→10 珍しい・面白い)
  • ボドゲらしさ
    アイテムが豊富か、特徴的か(少ない 1←→10 多い・個性的)

3作品を上記5項目で評価した結果がこれです。(クリックで画像拡大できます)

スポンサーリンク

各項目の詳しい評価解説

物量

各シナリオとも、大きな差はない印象でした。体感的に前作と問題量はさほど変わらないかなぁ。しいていうなら、シナリオ3がやや多く感じたかも。ただ、シナリオ2と3に関しては、問題数が多いというよりは、情報量が多い、といった方が正しいかもしれません。それらを踏まえて、シナリオ1、2、3はそれぞれ、7、7、8としました。

難易度

難易度については、取説やアプリでも表記されていますが、シナリオ1が鍵1個、2が2個、3が3個と書かれています。解いた感じとしては大体その通りですが、実際はもうちょっと差がある印象でした。シナリオ1は慣れてる人なら、序盤はそこまで詰まることはないと思います。中盤以降も、見落としやケアレスミスがなければきっと・・・(←見落としによって大きくペースを乱された人です(;´Д`))

それに対して、シナリオ2と3は、難易度がかなり上がっています。前作よりも上がってる印象ですね。問題1個1個が難しいというよりは、シナリオ2の場合は、情報量が多すぎて頭を悩ませるタイプ、シナリオ3は解くためのとっかかりや手がかりなどがものすごく限られている(少ない)から、難しく感じるようになっていました。これらを踏まえて、それぞれ、6、8、9としています。

初心者おすすめ度

シナリオ2と3は、前項のとおりなので、はっきり言って謎解きに慣れていない人にはあまりおすすめできません(;´Д`)慣れていてもかなり苦戦しました(詳しくは所感で後述)ヒントは用意されているものの、ヒントがわかりにくかったものもありますし、解き筋(想定されている解く順番)が見えにくいんですよね。そうすると、これであってるのか?と迷ったり混乱したりします。そこが初心者さんには優しくないかなぁと思いました。一方でシナリオ1はそこまでわかりにくいということはないです。かといって、ものすごい簡単でサクサク行けるかといえば、そこまでではないと思うので、その辺踏まえて、6、4、3です。

ギミックの面白さ

正直なところ、どのシナリオも、そこまで感動できるギミックは見られなかったかなぁと思いました。あぁでもあくまで「謎解き慣れている人間」からしたら、です。慣れてない人は多分おおーってなるところもあると思います。でも慣れてる人間からするとね、うん・・・(´・ω・`)アンロックは個人的には、謎解きより推理寄り、だと思っているので、今作でもそれは変わらなくて、特にシナリオ2がその傾向がつよいかな、という感じでした。なので、5、4、5です。

ボドゲらしさ

前作までは、せっかく「アナログ」ゲームなのだから、その点も利用すればいいのに、という感想は抱いていて記事でも触れていましたが、今作は、その部分(アナログらしさ)がようやく含まれたか!といった印象でした。ただこれ以上はちょっと伏せておきます。取説には書かれているんですが、箱の外の絵には特に触れられていないので、詳しく書くのはやめておきます。しいて書くとするなら、まぁでも多くはないです。はい。あと、シナリオ2はそこ!?という印象で、シナリオ3は、そうそうこういうの好き、という感じです(笑)ということで、4、6、5です。

その他所感

前作までと比べると難しい印象が強く、その分時間もかかりました。そして正直に書くと、実はシナリオ2と3では、それぞれスッキリしていない部分があります(;´Д`)そういった解説が全部見られないというのがツラいところですね。アプリでヒントからたどれば解答が出てくるのかもしれませんが、それでは目的の情報までいつまで経ってもたどり着かない気がします。その点が改善されると嬉しいかなぁ。あ、だから、シナリオ2と3プレイ済みで、きちんと解けてるよって人、ぜひご一報ください。スッキリしたいので(;´Д`)

でも、シナリオ3に関しては、世界観がとても好きです。それに合わせた雰囲気のデザイン(アートワーク)も素敵ですね。世界観やストーリーだけで見たら、今までのアンロックの中で、今作のシナリオ3が一番好きかも。

アプリで見る限り、次とその次くらいまでタイトルはすでに出ていますね。日本語版として入ってくるのはいつかなぁ。色々言ってても、好きなことに変わりはないので、新作がまた出たらまた堪能したいと思います。

Posted by 嶺美(れみ)