初心者さんにおくる、ボドゲを買うときに気を付けてほしい3つのこと

不定期気まぐれのボドゲ雑記。今回のお題は「ボドゲを買うときに気を付けてほしいこと」です。

慣れた人やベテランさんには多分当たり前のことだと思うのですが、始めたばかりの人には、案外あまり知られていないんじゃないかなーと思うことが3つあるんです。これらを知っているか知らないかで、ボドゲを買うときに見るところがきっと変わるはず。少しでも自分の希望に近いものをゲットするために、気を付けてほしい3つのことがこちら。

プレイ時間が短いとは限らない

最近では、家電量販店や東急ハンズでボドゲを扱うことが増えました。具体的には、ビックカメラやヨドバシ電機で見かけましたし(←店舗によるかもしれません)東急ハンズの場合は、名古屋店の事例が、ローカル番組で取り上げられていました。東急ハンズだと元々様々なジャンルの商品を扱っているので、ボドゲが扱われるようになっても不思議には感じなかったのですが(あ、嬉しくは思いましたよ、すごく)ちょっと意外だったのが、家電量販店。実は、家電量販店の場合、子供向けのおもちゃコーナーの一角に並べられているんです。

でもそんなエリアに並べられていると、あまり詳しく知らない人はもしかしたら「おもちゃコーナーにあるのだから、どれも他のおもちゃと似たような感じなのかな?」と思うのではないでしょうか。そもそも、おもちゃやゲームで遊ぶ=長時間かかる、というイメージがどれくらいあるんでしょうか。そんなイメージはあまりない、という人もいるかもしれません。でも実はボードゲームの中には、プレイ時間が3時間を超えるものもあるんです。

もちろん、全部とはいいませんよ^^;短いものも、もちろんあります。ただ重要なのは、それだけプレイ時間に差のあるもの同士がすぐそばに並んでいる、ということなんです。

しかも残念なことに、必ずしも箱の大きさと比例しないんですよね、これが。確かに、小箱だと短め、大箱だと長め、のものが多いです。うん、でも、あくまで「多い」だけであって、これに該当しない例はいくつもあります。だから、箱に書かれている目安の時間は必ずチェックしてほしいんです。それでもあくまで「目安」なので、そのゲームが初プレイであれば、書かれている時間よりも多めに見積もったほうがいいです。

スポンサードリンク

同じものがいつでもあるとは限らない

二つ目は在庫に関するお話。一般的なおもちゃって、常に同じものが並んでるイメージってありませんか?だからいつでも買えるなーって思ったりしません?(まぁ、超有名な某ゲーム機のように、人気すぎて品薄で手に入りにくいものもありますが、それは例外としてちょっと置いときます^^;)

ボドゲの場合は、そうはいかないんですよ。これも一概には言えないんですが、モノによっては在庫が少ないものも結構あります。だから品切れになることも珍しくありません。しかもそういったものは、次いつ入荷するかわからないんです。

海外ものだと、一度売り切れてしまうと再生産するまで出てこないですし、インディーズものだとそれほど大量生産していないのも結構あるので、手に入りづらくなります。(※インディーズ:同人ゲームと呼ばれたりもします。メーカーではなく個人やサークルで製作したゲームのことです。同人誌のゲーム版ですね)

また、例えばオープン会などでプレイして気に入ったゲームがあったとします。でもそれが、調べたら廃版だったという場合もあると思います。そのほかわかりづらい事例として、デザインが変わって発売されている場合ですね。最初に出たものと最近出たもので、ゲームは同じなのにデザインが全然違うものもあります。そうすると、同じものって知らないと戸惑うし別のものじゃ?って思っちゃいますよね。そこもちょっとややこしいよねぇって思います。

値段が定価とは限らない

最後に値段のお話。これは特にネットで買うときに気を付けてほしいことです。一般的には、新品は定価で売られていて、中古は定価より安いもの、だと思います。ところがボドゲだと、例外が結構あるんです。前述のとおり、ゲームによっては出回っている量が少ないものもあれば、絶版や廃版になっているものもあります。そうするとこういった商品は、中古でもプレミアがついて、定価以上の価格で売られていたりするんです。

ひどいケースだと、定価2000円や3000円程度のものが、1万近くまで上がって出品されていることもあります。プレミア度を理解して納得したうえで高い金額で買うのであれば、それは止めはしないです。けど、何も知らずに(確認せずに)ポチるのも考え物ですね。

最後にまとめ

最後にもう一度まとめましょう。以下の3つを踏まえて買いましょう!

  1. 外箱に書かれているプレイ時間は最低限チェック!
    プレイ経験がないものは、さらにかかると思おう!
  2. モノによっては逃したら最後!って場合も。
    予算との兼ね合いもあるけど、逃して後悔しないようにね
  3. あまりにも高いのは一回確認。転売ヤーの罠にご注意を!

PAGE TOP