年間マイベスト5(2019年版)を選んでみました

その他ボドゲ雑記年間マイベスト

今年もこんな時期がやってきました!

年間マイベスト2019

年間マイベストを、「今年発売」の中から選出

テレビをはじめとしたメディアや、ツイッターなどのネット上でも、年末を感じさせる話題が増えてきました。なので、年間マイベストを選んでみようかと思います。選定基準は、「2019年に日本語版、もしくは和訳ルール付きで日本で発売されたもの」としています。その条件にあてはまらないものは、例え好きなものでも外しています。

今年は、個人的に好みにハマるものが多くて、選ぶのに苦労しました。が、前述の条件にあてはまるもので好きなゲームは?と考えたときに、すんなり思いついたものこそ、本当に好きなもの、と判断してそれをランクインさせました。順位付けも相当悩みました。自分の中でどれも僅差でした。なので、どのくらいリプレイしたいか、モチベが上か、といった基準で何とか順位を付けました。また、思いついたゲームが5個ではなく、6個になってしまったため、最後の一個を泣く泣く次点としました。

ということで、それでは発表です!まずは次点から、その後5位から順に、ラストに1位をご紹介です!

スポンサーリンク

年間マイベスト5(2019年版)

泣く泣く5位に入れらなかった次点は、推し小箱のこちら!

ラマ
次点 L.A.M.A(ラマ)(和訳付き 2019年春ごろ、日本語版 2019/12月発売)
今大好きな小箱のゲーム、ラマです!ルールはシンプルだし、プレイ人数の幅がやや広めなので、どんな場面でも比較的対応しやすいと思ってます。なので、困った時のラマ、っていうくらいにサクっと遊びたい時にとても重宝しています。カードの見た目と、ゴーアウト系(手札を出していって無くすことを目指すゲーム)ということで、UNOっぽい?と思われる方も結構いるんですが、UNO以上に駆け引き要素がしっかりあるので、ゲーム感は全然違いますよ~。未プレイの方はぜひ遊んでみてください!

紹介記事はこちら↓

第5位は、カラフルな透明感のあるタイルが特徴的なこちら!

アズールシントラ
第5位 アズールシントラ(日本語版 2019/2月発売)
前作のアズールとはまた大きく異なり、ランダム要素が増えているのが印象的でしたが、こちらのルールも私は好きです。あとやっぱり見た目が綺麗なのがいいですよね。ドロップみたいで可愛い(´▽`)ゲームは全然可愛くないですけどね。前作よりも運要素が多いとは言えど、基本的にはアズールのいやらしさというか、ガチなゲーマー寄りの雰囲気は受け継いでいると思います。そこが個人的には好きなポイントでもあります。

紹介記事はこちら↓

第4位は、シリーズ三部作の三作目であるこちら!

センチュリーニューワールド
第4位 センチュリーニューワールド(日本語版 2019/10月発売)
センチュリーシリーズは1作目から購入・プレイしているのですが、3作目のこれが一番好みだったりします。プレイ時間ややりごたえのバランスといったところが1作目、2作目と比べて、個人的にちょうどいい感じなのです。元々シリーズ三部作を予定されていたためか、合体させても遊べるルールが付属しています。この3作目には、基本のルールの他に、1+3、2+3、1+2+3の3つの合体ルールが入っていました。(注:1はスパイスロード、2はイースタンワンダーズを指しています)3の基本でちょうどいいと思っているので、合体させたら、てんこ盛りですごいことになるのでは、と思ってまだプレイしてないんですが・・・。でも一度はプレイしてみたいなぁ。

第3位は、徐々にコンボが決まるのが楽しいこちら!

ギズモ
第3位 ギズモ(日本語版 2019/10発売)
手番の選択肢だけ見ると、宝石の煌きと似てるように感じる方もいるかもしれませんが、全然違います。序盤はできることが限られますが、中盤以降、上手にカードを設置していくと、コンボが発生して1手で色々なことができるようになります。そこがこのゲームのメインであり面白いところです。自分の思い通りにコンボが決まると本当に楽しいですよ。

紹介記事はこちら↓

第2位は、可愛い鳥たちを愛でられるこちら!

ウイングスパン
第2位 ウイングスパン(日本語版 2019/10発売)
実は、発売よりもずっと前にツイッターで写真を見かけたときから気になっていた作品だったりします。鳥可愛い~ダイスタワー可愛い~卵可愛い~!なにこのコンポーネント!どんなゲームだろう、って見たときに思って、以降すごく気になっていました。運よく日本語版発売前に、プレイの機会があったんですが、ずっと気になってた作品をようやくプレイできた!と、とても嬉しかったです。可愛さ満載のコンポーネントはそれだけで所有欲が満たされますね♪

第1位は、メカを作って建物を強奪して悪さをするこちら!

ヴィクトリアンマスターマインド
第1位 ヴィクトリアン・マスターマインド(日本語版 2019/5月発売)
栄えある第一位は、迷いに迷ってこちらにしました。ウイングスパンとものすごく迷ったんですけどね。コンポーネントが豪華なのはどちらもそうだし。最終的にこちらにしたのは、内容かな。こちらのほうが駆け引きの要素があるから、その分『好き』が若干上回った感じですかね。どこにワーカー(トークン)を置くか、1手1手がとても悩ましいところがまた楽しいんですよね。自分のメカがだんだんできていくのも楽しいし、得点要素も色々と、自分の好みのポイントが盛り沢山なんです。そろそろまたやりたいなぁ。

今年の年間マイベストは、こんな感じになりました。私のツイッターなどの発言をよく見ている人からすると、予想通りだったのではないでしょうか(笑)でもどれも好きでどれもおすすめなので、機会があればぜひプレイしてみてくださいね。

Posted by 嶺美(れみ)