年末年始にボドゲを遊んでみようかなという方へ

今年もあと10日をきりました。早いなぁ。もうすぐクリスマスやお正月といったイベントごとが増えてきます。お友達同士で集まったり、ご家族・ご親戚と一堂に会する機会が出てくるのではないでしょうか。

そんな時こそ、ボードゲームですよ。最近ではメディアで取り上げられることも増えたので、「全然やったことないけど気になるなー、休み中にやってみようかなー」という方も、もしかしたらいるかもしれません。

ということで、年末年始に向けて用意するならこれ!というのをいくつか選んでみました。

ただし。前述のような、「全然知らないし経験もないけど、ちょっと試しにやってみたいなー」という感じの方だったらこういう視点で選ぶんじゃないかなーという基準で選んでみました。なので、ゲーム内容以外の点をあえて重視して選んでいます。具体的に選んだ基準は、下記の点です。ちなみに、かっこ書きの部分は、一般人目線で見たシビアな感覚による補足です(笑)

  • 定価5000円以下で買える
    (お試しで買うなら、あんまり高いものはねぇ。今後何回やるかもわからないし。もっと安いに越したことはないけど)
  • 店頭やネットで手に入りやすい
    (わざわざ専門店に行かないとないようなものはちょっと・・確かにどこも今は通販やってるけど、わざわざ会員登録しなきゃいけないのは面倒だし、ネットで買うなら普段使ってるところとかポイント貯まってるところで買いたいなぁ。でも単価が安いものを買うなら理想は店頭か、送料無料で買いたいわねぇ)
  • 多人数に対応していて、幅広い年代で遊べる
    (友達や親戚が来た時に使いたいから、ある程度の人数で遊べるものじゃないとなぁ。2人用?ダメダメ、できる時限られちゃう。4人まで?家族内だけでやるならいいけど、人が来た時困るかも・・。6人くらいまでに対応してたらいいかなぁ)
  • ルールがシンプル・簡単・わかりやすい
    (え、取説いっぱい読まないと遊べないの?それは面倒だなぁ。あんまり複雑だと子供ができないかもしれないし。簡単に理解できるものがいいなぁ)

・・・という上記4点すべてに当てはまるものを選んでみました。3点目と4点目はやや主観が入っているかもしれませんが、そこはご容赦ください^^;また2点目については、かっこ書きの部分も踏まえて、店頭=某家電量販店やハ●ズさん、ネット=Amazonもしくは楽天、のどちらかにあるもの、としています。ただ店頭の方は、地域やタイミングによって異なりますので、その点ご了承ください。

さてでは、お待たせしました。上記4つの点を踏まえた、年末年始におすすめなボドゲ4つ+次点で1個です。(※順不同)

年末年始におすすめなボドゲ4つ(+次点で1個)

ペンギンパーティ


ビジュアル的にも親しみやすくて、パーティって名前がついてるから楽しそう、と思われるかもしれませんね。いや、楽しいですよ、間違いなく。でもただワイワイするだけじゃないのが、このゲームの特徴なんです。イメージとしては七並べに近いかなぁ?(少なくとも、私が初めてこのゲームに出会った時の印象はそれでした)手番では手札を1枚ずつ出していきます。ピラミッドのように下から上に1枚ずつ数が少なくなる形で並べていくんですが、下になる2色のうちどちらかと同じ色のカードしか置けません。そこがポイント。ちなみに、上の画像だと左上のほうが上になっています。一度でも出せなくなったらそこで脱落し、残った枚数分失点になります。上手に置いていくと、「あぁ!赤がもう置けないじゃんー!」ってこともできたりします(笑)そんな戦略的な要素があるのに、楽しく勝負できるカードゲームです。ルールがシンプルだから誰でもすぐに遊べますよー。

ハゲタカのえじき


初心者におすすめのボドゲの定番かもしれません。ほんとにシンプルで簡単なんです。でもとっても面白い。ルールがシンプルな分、一度覚えればサクサク遊べちゃいます。また、このゲームのキモがいわゆる『かぶってはダメ』というところなので、性格が似ている人同士でやれば、かぶることが増えて「ちょっとーマネしないでよー(笑)」という感じの盛り上がり方もするんじゃないかなー、と思います。ルール詳細等は過去記事をどうぞ→ハゲタカのえじき

ドブル


これも定番なんじゃないかなぁ(主観ですが)これは8人まで対応しているので、大勢で遊ぶにはもってこいです。また、便利なことにこれ一つでいろんな遊び方(ルール)があります。でもどれも複雑なことは一切なくて、どのルールもベースは『同じマークをいち早く見つける』という点にあります。急いで探すけど、見つかりそうで見つからない。「え、え、あれ、どこっ?」みたいなセリフを連発しながらワイワイ遊べるゲームです。過去記事に詳細書いてますよっと→ドブル

ウミガメの島


個人的に、いつも初心者さんにおすすめするのがこれだったりします。すごろくがグレードアップしたものと思っていただければいいかなぁと。だけど単に振って進めるだけじゃないのが、このゲームの面白いところです。面白いところを語るにはスペースがちょっと足りないので(笑)詳しい説明はこちらでどうぞ→ウミガメの島

次点:ブロックス


次点で一個だけ書かせてください。なぜ次点かっていうと、4人までなんです。その項目で当てはまらないので外したんですが、ただ、ゲームとしてはほんとにシンプルで、でも面白いんです。そして何より、これ、結構な確率で家電量販店で見かけるんですよ(笑)ハ●ズさんでもあったかな。だからもしかしたら、上の4つよりも手に入りやすいのでは?と思いたくなるくらいです(笑)どんなゲームかはこちらの→記事か、もし店頭で見かけることがあったら、外箱の裏面を見てみてください。基本のルールが書いてありますんで。(バージョンによるかもしれませんが・・私が持ってるやつはそうですね)


PAGE TOP